保健室より

保護者の方々へお願い

感染予防および感染拡大の防止のお願い

  • 手洗い・うがいの励行
  • 症状が出た場合のマスクの着用・外出の自粛
  • 咳エチケットの徹底
  • 検温等の健康観察の実施に努めることをお願いします
  • インフルエンザに限らず感染症が疑われる場合には、受診予定の医療機関に連絡の上、その指示に従ってください
  • 生徒の欠席連絡の際には、その理由について必ず連絡をお願いします
  • 慢性疾患等で通院・加療をしている人は、主治医との事前相談や、インフルエンザ発生時の早期診断、早期治療をお願いします

"あやしいな"と思ったら学校へ連絡をしてください

 ☆体温が37.5度以上ある場合など
   → 受診予定の病院へ電話連絡をしてから受診してください
     学校への連絡もお願いします
     "新型インフルエンザの疑い"がある場合も出席停止扱いになります
  新型インフルエンザにかかっていたら
  【出席停止の期間】
    出席停止の期間については、医師の指示にしたがってください
 ☆出席停止期間が過ぎて登校した際に担任から「感染症罹患による欠席届」を渡しますので、必要事項を記入し後日、担任へ渡してください。

学校での対応

☆手洗い・うがいの励行をはじめ、感染予防を呼びかけます

出席停止の手続きについて

「学校において予防すべき感染症」の一覧です。
第1種
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ熱、痘瘡、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、
急性灰白髄炎(ポリオ)、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群、鳥インフルエンザ(H5N1)、
新型インフルエンザ、再興性インフルエンザ
第2種結核、インフルエンザ、百日咳、麻疹、流行性耳下腺炎、風疹、水痘、咽頭結膜熱
第3種
コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸炎、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、
急性出血性結膜炎、その他感染症(ウイルス性胃腸炎を含む)
 表にある感染症に罹患された際には、出席停止となります。医療機関を受診し、上記の表にある感染症と診断された場合には、速やかに担任に連絡をお願いします。
 完全に治癒するまで療養してください。治癒後、登校してから下記の手続きを取っていただきます。

出席停止の手続き

・担任から「感染症罹患による欠席届」を受け取ってください。(*用紙は職員室にあります。)
・必要事項を記入し、担任に提出してください。(*記入は保護者にお願いします。)
・書類を提出する際、医療機関を受診したことを証明する書類を添付していただきます。
添付してもらう書類としては、
a、薬袋のコピー
b、レシートのコピー
c、薬局で渡された薬の説明書のコピー      などのいずれか1つです。 
※診断書を書いてもらう必要はありません。
・以上の手続き完了後、出席停止となります。
 「感染症罹患による欠席届」を提出しなかった場合には、出席停止扱いになりませんので
ご注意ください。