日誌

2019年3月の記事一覧

【将棋部】今年度最後の大会、そして来年度

 3月24日(日)に大会が行われました。段級位認定戦大会であり、通常の大会とは異なります。

 11月の大会は惜しい場面がかなり多かったのですが、今回の大会は、ほぼ全員が段や級を獲得することができました。ほとんどの部員は初心者として入部したのにもかかわらず、ここまで級を得られるとは思いませんでした。

弐段1名(新3年)
4級1名(新2年)
5級2名(全員新2年)
6級3名(新3年1名、新2年2名)
7級2名(全員新2年)
8級3名(全員新2年)
9級1名(新2年)

 最低4試合をしなくてはならない大会ではありましたが、時間内であれば、何試合でも対局することができました。対局数が増えるにつれて、級の取得の可能性が増えるのですが。

 午後になって他校生が帰り始めたころ、本校の部員も体力の限界を感じ始めました。しかし、他校生と対局できる機会は年にほんの数回しかないので、顧問としては、勝敗に限らずできるだけ最後の時間まで対局して欲しい伝えていました。それでも、本校にも体力限界でギブアップしてしまった部員が出てしまいました。

 
 逆に、嬉しいことに、僅かな可能性を大事にし時間の許す限り最後まで対局を申し込んでいた部員も多数いました。その中の2名は、一番最後の対局でギリギリで4連勝をし、1名が弐段、1名が7級を獲得することができました。最後まで限界まで粘り強く対局することの大事さを教えてくれた2名でした。


 
 次の大会は4月(10連休の初日)です。新1年生は、特別な参加資格があれば参加できます。
 5月(10連休の最後の方)にも大会があります。新1年生は、実力を見て参加させることもあるかもしれません(できても1名か2名)。
 6月にも大会があります。この大会は新1年生は全員参加です。