日誌

2017年10月の記事一覧

花丸 【男子ソフトテニス部】新人戦 東部地区予選

9月27日、29日に大宮公園テニスコートを会場に新人戦の東部地区予選大会が行われました。
27日の個人戦では多くのペアが初戦敗退し、力不足と精神面の弱さを露呈する戦いとなりました。特に、シードに入りながらの敗退は生徒達も落ち込みが大きく、切り替えができないまま団体戦を迎えました。初戦の対白岡高校には2-1で勝利し、2回戦は第2シードの春日部高校との対戦。1番手の金子・関根ペアが積極的に攻め、個人戦での悔しさを晴らすような戦いで4-0で勝利。2番手の眞中・杉崎ペアは、ファイナルまでもつれ緊張感のある戦いとなりましたが4-3と勝利し、県大会への出場を決めました。

夏の東部リーグを終えて、集中力チームとしてのまとまりを課題として取り組んできましたが、団体戦でのベンチ内外からの応援には、少し変化が見えました。特にベンチに入れなかった生徒が試合に入り込み、集中し、「どんまい!次、次!」と声を掛ける様子は、気持ちがまとまっているようでした。
後輩を気にかけてくれる先輩たち、保護者の皆様のご声援に感謝申し上げます。

次は11月14日、智光山公園(狭山市)での県大会です。団体メンバーはもちろん、ベンチ入りできない生徒達の強い気持ちと集中力が欠かせません。”チームとして戦える集団”を目指して意識を高く、日常の学校生活を大切に、一日一日の練習に心を込めて取り組んでいきます。