日誌

2015年11月の記事一覧

H27新人戦東部支部予選試合結果報告


 こんにちは。女バス顧問の馬越です。11月7日(土)に草加高校会場で行われた新人戦東部支部予選の試合結果をご報告いたします。

 対戦相手は東部地区第6シードの越谷南高校でした。前回の試合告知でも書きましたが、越谷南高校は一人一人のファンダメンタルがしっかりしてるうえに、40分間オールコートマンツー、さらに今年は身長も高い選手が多いということで非常に強いチームです。しかし、それらは全てわかりきっていることであり実力差が歴然であることもまたわかりきったことでした。しかし、その強い相手に闘うという目標を立て、その為の練習をしてきました。

 結果: 杉戸   2 - 24  越谷南
            6 - 24
           12 - 32
           20 - 25
     TOTAL  40 - 105

 以上のような結果に終わりました。完敗です。
選手たちには、試合前、さらにはそれ以前から闘う気持ちを強くもつこと、絶対にあきらめないことなどを口うるさく言ってきましたが、試合開始からこちらのオフェンスが全く上手くいかず、やっと作ったノーマークシュートでも良いシュートが打てず、1QはFGがゼロという内容でした。逆に相手のプレスに引っかかったり、オフェンスリバウンドを取られてイージーなシュートを次々と決められてしまったりと、ミスがミスを呼んで前半終わって8対48という散々なスコアとなってしまいました。どんどんと開いていく点差に選手たちも焦りだし、前半は本来の自分たちのバスケが全くできませんでした。事実上、勝敗は決まってしまいましたが、ハーフタイムで選手たちに「点を取りにいこう。それだけ頑張ろう。」と指示を出し送り出しました。私としては、この大会にむけて努力した成果を少しでも出してもらいたいという気持ちでした。
 後半、選手たちは気持ちを前面に出して頑張ってくれました。特に、#4キャプテンのミナエ・#5副キャプテンのエリはほぼフル出場で最後まで闘ってくれました。二人で後半20得点してくれました。また、#6ユキミは身体を張ったプレーでデイフェンスにオフェンスに頑張ってくれました。残念ながら5ファウルで退場となりましたが、奮闘の結果でのことです。他にも途中出場の選手たちが、後半は闘ってくれましたが、オフェンスリバウンドを32も取られ、リバウンドで圧倒されての大敗となりました。
 全ての選手が闘う気持ちを持って試合に臨んでくれたと思いますが、その気持ちをプレーで表現できたのは全員ではなく、またやっと表現できたのは後半になってからでした。しかし、少ない収穫ではありますが、後半に指示通り得点を取ってくれたこと、最後まで下を向かずにプレーしてくれたことは今後へつながることだと思います。この辛かった試合を忘れずに、強い相手であろうとも負けの悔しさを持って今後の練習・試合に取り組んでもらいたいと思います。時間はどんどん過ぎていきますが、まだまだ伸びることはできる。上手くなることはできる。そのための課題は山ほどあります。メンタル面も含めて今後の選手たちの成長に期待したいと思うと同時に、私自身も選手に自信を持たせるような指導に取り組んでいきたいと考えています。応援されるチーム(+勝利できるチーム)を今後も目指していきます。
 今回も会場で熱い応援をしてくださった方々、いつもありがとうございます。残念な試合となってしまい申し訳ありませんでした。しばらく公式戦はありませんが、練習試合など気軽に応援にいらしていただけると選手、顧問とも励みになります。寒い季節になりますが、今後も変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

 *杉戸高校男子は現在大会奮闘中です。県大会出場目指してがんばれ男子!