校長室より

2018年9月の記事一覧

全校集会講話

 本日6時間目に全校集会を行い、以下の話をしました。 

  

 今月18日、第一生命保険から、恒例のサラリーマン川柳の番外編として、来春入社する学生が就職活動を振り返って詠んだ18句が発表されました。面接対策や自己PRに頭を抱え、苦労した末に出た内定を喜ぶ気持ちを表現した作品が多い中、私は企業説明会に向かう服装の悩みを詠んだ次の作品が心に残りました。
  「私服可は 天国地獄の 分かれ道」
 心に残った理由は、初めて担任した女子生徒が上野にある老舗百貨店の就職試験を受けた際にも私服指定があり、試験前に女子生徒が相当悩んでいたのを思い出したからです。
 同時に次のようなことを考えさせられました。
 企業側は、リクルートスーツに限定しないで私服を選択させることで、より協調性と主体性に優れた学生を採用したいのではないか。私服という限りなく幅広い選択肢の中で、企業イメージにより合致したものを選び、かつ、自己の存在感を表現することのできる力を、面接だけでなく服装からも判断していく。
 言い換えるならば、集団の中で他と協調しつつ、自らの考えを適切に表現し、伝えていく力が求められていると考えることもできます。そして、このような力は一朝一夕で身に付くわけではなく、日々の生活の中で、意識を高め、コツコツと積み重ねていくことで培われていくものです。
 サザンオールスターズの往年のヒット曲「ミス・ブランニュー・デイ」の歌詞には、「みな同じそぶり」「誰かと似た身なり」とありますが、この歌詞のような姿勢のままでは、これからの社会を生き抜いていくことは難しいと思います。
 皆さんには、高校生活を通じて、ぜひ協調性と主体性、そして表現力を高めてほしいと思います。