2013年10月の記事一覧

修学旅行

 生徒には、事前に3つの話をしました。
 まず送り出して下さるご家族に感謝すること。第2に団体行動の規律をきちんとすること。第3に西日本の地方色に気づくこと。
 台風接近の心配がありましたので、可能な限り早く家を出て交通機関のアクシデントに備えるよう指示したところ、ほとんどの生徒が始発電車に乗ってきました。杉高生、なかなかやるぞと頼もしく思いました。広島平和公園、宮島、萩、秋芳洞、関門海峡、太宰府、博多の行程で、新幹線、バス、連絡船、JR、西鉄、飛行機と乗り物満載の旅でした。
 修学旅行を節目に、2年生は進路実現に向けて引き締めていきます。太宰府天満宮への合格祈願の御利益は1年5ヶ月後に現れることと思います。

杉高の朝7時半

 生徒に新聞をもっと読んでもらいたい、と私は毎朝新聞記事をひとつ選んで校長室前に掲示しています。今月からは、もっと読みやすいように各階の掲示板にもコピーを掲示することにしました。
 このため、朝早く校舎内を一周歩くことになりました。数学、英語、日本史、世界史の補習を開講しており、3年生100人ほどがすでに登校しています。各教室には早朝自習をしている生徒がいます。体育館ではバスケット部が、グランドではサッカー部が練習をしています。
 高校生は自分がどこまで頑張れるかをまだ知らないのです。勉学も部活動もどこまでが自分の「やりぬいたか」が未体験なのです。未知の挑戦を続けて、各自のポテンシャルを精一杯発揮させなくてはなりません。
 それが、杉高教師団の使命であると思って生徒を見つめています。