校長室より

2013年4月の記事一覧

新学期のスタート

 始業式、入学式、対面式、オリエンテーションと、あわただしくも希望にあふれる日々を過ごしています。今日は、生徒達はアチーブメントテストに向かっています。新入生は、明日から、宮城蔵王で学習オリエンテーション合宿です。
 対面式では、「杉高プライド」の意味をよく考えようと語りかけました。プライドということばは、辞書には「誇り」とも「高慢」とも書いてある。私は「矜恃」が一番当てはまる訳語だと思うと話しました。自分の努力を信じつつ、慎みを忘れず、ぶれないポリシーを持って社会に貢献しようとすることです、と話しました。
 今朝の天声人語にサッチャー氏への追悼が書かれていました。その末尾に「矜恃」が使われていましたよ、と職員から指摘があり、さっそく校長室の入り口掲示板にコピーを貼りました。生徒が杉高プライドをわきまえてくれることともに、ボキャブラリーを増やしてくれることを期待しています。