2012年8月の記事一覧

夏休みも終わります

 今日から2年生の早朝補習に加え、昼過ぎには1年生の補習も始めました。1学期に習った所の復習ですが、知識は定着していますか。受け身の勉強では、なかなか定着しないね。なぜ、なるほどと考えながら歴史を学ぼう、という話をしました。レバノンではかつて杉の木がたくさんあって、これを使ってフェニキア人が船を造ったんだ。だから今もレバノンの国旗には杉の木が描かれているんだよ。杉高の校章と同じだ、という話題は生徒はみな目を輝かせます。
 野球もサッカーもひとつ勝ちました。ブラスバンドも地域の行事に出演して、関係の皆さんに喜んでいただきました。勉学も、部活動も杉高生は頑張っています。

夏休みも勉学、部活

 今日から校長も世界史の補習を始めました。早朝補習ですが、2年生の予定していた受講者が集まってきました。
 世界史は暗記も必要です。しかし、たくさんのことを覚えるためには、暗記の根拠も必要。受け身の姿勢で覚えようとするのではなく、なぜ?と常に問いかけることで、断片的な知識と知識を結びつけて考える力を養えるのです。それが歴史の勉強だよ、という話をしました。四大河文明がいずれも乾燥地帯に生まれるのはなぜ?もうみんな説明できるようになったね。
 猛暑の中ですが、各部活動も1日中あちこちで活躍しています。杉高プライドをみんなもっているね、と頼もしく思います。

夏季休業中も活気あふれる学校

 インターハイに出場した陸上部の関君は、ベストを更新することはできませんでした。新潟の夏は厳しいとうかがっていますが、全国から集まったアスリートに加わり、とても良い経験をしたことと思います。出発前に杉戸町長さんから激励をいただいたことは、郷土への愛着と感謝を学ぶ機会になったことと思います。
 学校では毎日夏季講習がたくさん開講されています。講習に参加する生徒、部活動に励む生徒で学校はあふれています。
 吹奏楽部は8月1日に地区大会で銀賞を獲得し、10日の県大会に出演することとなりました。
 みんなが今かいている汗が、将来の日本を支える力になります。