2012年6月の記事一覧

卒業生の活躍

 本校OBの中嶋善寛さんは、在学中に陸上部のやり投げの選手として活躍し、一昨年のインターハイ、国体で優勝しましたが、筑波大学進学後も記録を伸ばしています。
 このたび、中嶋選手がスペインのバルセロナで行われるジュニア世界選手権に出場することになったという、すばらしいお知らせをいただきました。在校生諸君、世界の舞台で活躍する先輩にエールを送ろう。

心躍る日曜日

  6月10日(日)には吹奏楽部定期演奏会が春日部市民文化会館大ホールで行われました。今年は記念すべき第30回演奏会ということで、生徒たちはずいぶん早くから企画をしていたとのことです。部員の演奏があり、OB・OGの皆さんにも応援していただいた迫力ある演奏に加え、ボデイパーカッションやミュージックベルの演奏と多彩な内容で、あっという間の2時間半でした。
 6月17日(日)には、陸上部の関東大会の応援に行きました。女子400m走の青野さんは予選4位で準決勝進出はなりませんでした。まだ2年生で、400m走の経験が少ないなかでのチャレンジでしたが、来年につながる経験でした。男子やり投げには2人の3年生が出場し、2人ともベスト8に残りました。そして関君は5位、遠藤君は7位となり、関君がインターハイ出場権を獲得しました。
 生徒たちの頑張る姿に心躍る日曜日でした。

部活動の活躍

 6月10日(日)には、吹奏楽部が春日部市民文化会館大ホールで、定期演奏会を開催します。午後3時開演です。吹奏楽部の生徒たちは、毎日夕暮れまで練習に励んでいます。ぜひお越し下さい。
 陸上部は6月15日(金)から始まる関東大会に出場します。15日には女子400m走、17日には男子やり投げの2人の選手が出場します。関東大会で6位以内に入賞するとインターハイ出場権を得られます。
 10日と17日の日曜日には、校長も会場に出かけるつもりです。勉学との両立をしながら部活動に励む杉高生をしっかり見届けたいと思います。

体育祭を実施しました


今年の体育祭は、一昨日の雨によるグランドコンディション不良により、前日の綱引き予選が行われなかったため、過密スケジュールになりました。しかし、上級生が下級生を引っ張り、てきぱきと進行に協力し、立派な体育祭になりました。団対抗、クラス対抗の表彰では、元気な気勢があがり、本校の校訓「躍動」を体現しました。10年後の日本が君たちに寄せる期待に応えるよう、エネルギッシュな体育祭にしよう、という校長の言葉に応えてくれました。