最新情報

2024.2.19 ☆地元企業インタビュー☆ 鶴牧煎餅様、閉店後Ⅰ

2月19日(月)の杉戸高校

1学年・2学年:平常授業(55分の6時間授業) 

3学年:家庭研修

・・・・・・

杉戸高校徒歩1分。

杉戸の地で98年間にわたり美味しいおせんべいを提供していただいた「鶴牧煎餅店」様。

杉戸だけでなく関東名産としても有名でした。

多くの杉戸高校生が一度は食べたであろう鶴牧煎餅。

2024年1月末にて、諸事情により惜しまれつつ閉店されました。

 

今週は特別企画として、

2024年2月17日(土)に鶴牧煎餅店・大奥様に取材させていただいた

「閉店後のインタビュー」をお送りします。

本日は全4回の1回目です。

・・・・・・・・・

ーー本日はお忙しい中、杉戸高校のためにお時間を取っていただき、ありがとうございます。

  98年間、杉戸の地で美味しいおせんべいをありがとうございました。

  1月中は、多くのお客様が名残惜しみ、早朝から列をつくっていましたね。

  最近のお店の様子はいかがですが。

大奥様 ありがとうございます。

    閉店に伴い、色々なお客様から、お花やお葉書、メッセージをいただいています。

    本当に感謝しかありません。

 

ーーものすごいお花の数ですね。

       お煎餅屋さんじゃなくて、お花屋さんみたいです。

  お店の中が、お花のほんのり甘い香りでいっぱいですね。

  多くの方々に愛された証拠ですね。

大奥様 そう言っていただけると嬉しいです。

 

ーー本日現在、お店では何をされているのですか。

大奥様 店内、工場の中を少しずつ整理を始めています。

    また、お世話になった方々へのご挨拶も必要ですので、

    忙しい日々が続いています。

 

 

ーー鶴牧煎餅といえば、お煎餅に入っている「海苔?」が美味しいですよね。

大奥様 海苔ではなくて「青粉」というものです。

    こだわって仕入れていたんです。

    まだ工場内に少しだけ残っていますよ。

・・・・2月20日へ続く・・・・