校長からのメッセージ

【校長日誌】ハナミズキ

 昨日少しフライング気味になってしまったので、改めて投稿します。また、若干追記しました。 

 杉戸高校にあるハナミズキが花をつけています。庭木や街路樹等でもよく見かけるし、花水木という漢字もあてられているので、もとから日本にあった樹木と思いきや、実は20世紀初頭にアメリカから送られたものがもとになっています。

 英語では、dogwood treeと言うそうです。若かりし頃、つくばにある施設で英語の研修を受けた時に知りました。ネット情報では、樹皮の煮汁を犬の病気の治療薬として使ったからだとか。

 

 さて、このハナミズキの花言葉は「返礼」だそうです。日本から桜の木を送ったお返しに、ハナミズキが贈られたというエピソードが由来だそうです。

 また、成長速度はゆっくりだけれども、確実に大きくなることから、「永続性」という花言葉もあるようです。