県民の日

11月14日は県民の日です。今年は150周年の年です。様々なイベントも開催されるようです。

明治4年(1871年)に、明治政府がそれまでの藩を廃止して地方統治を中央管下の府と県に一元化した行政改革である廃藩置県を行いました。廃藩置県による府県の統廃合で明治4(1871)年11月14日に忍県、岩槻県、浦和県などが併合され、「埼玉県」が誕生しました。当時の埼玉県の県庁所在地は岩槻で、地理的には現在の埼玉県をほぼ2分割。東側が埼玉県、西側は入間県という状況でした。そして。1971年に県民の日を定める条例が制定され、11月14日が県民の日となりました。

全国で都道府県民の日を制定している自治体は、1都20県、そのうち公立学校が休みなのは、茨城、群馬、埼玉、千葉 東京、山梨の1都5県のみです。今年は日曜日で損をしたと思っている人は、県民の日が休みなのは、全国でたったの6都県、もともとは得をしているのです。むしろ、県民の日は公立学校が休みの埼玉県の生徒は、授業がなくなって、損をしていると考えるべきでしょう。