修学旅行の意義

修学旅行は、文部科学省から出された告示・通達によると、修学旅行の目的は、 「平素と異なる生活環境の中にあつて見聞を広げ、集団生活のきまりを守り、公衆道徳について望ましい体験を得ることなど」 と書かれています。

コロナ禍で実施する修学旅行は、より厳格な決まりを守る行動が求められます。当たり前のように手指の消毒。1日に何回も行われる体温測定。一方向を向いての食事。

この地で生徒は見聞を広げ、望ましい体験を得ています。この状況が多く人に支えらていることを知っています。

生徒の真剣に説明を聞く姿、資料館の資料に目を潤ませる生徒、慰霊碑に手を合わせ冥福を祈る姿、生徒の成長を実感でしました。

別の場面では学校にいては、見られない風景を見たり、実体験をしたときの生徒の笑顔を見、修学旅行を実施してよかったと思いました。

きっと将来の日本を背負って立つ人になってくれることでしょう。