日誌

合同合宿最終日

今日で、長いようで短かった合宿も終わりです。

本校だけでなく、他校の部員にも話を聞いてみると、”足が棒になっています”とのことでした。
確かに、歩き方もぎこちなくなっていました。

今朝もランニングから始まりました。
足が棒になっていた部員たちも走る場面になるとしっかり走っています。
でも、実際はかなり疲労がきているかな??


最終日の稽古は、軽いアップを行った後、個人トーナメント戦を行いました。
合宿の2・3日目に行った3人試合の結果、2年の山本と1年の小島がシードに入り、トーナメントを行いました。
残念ながら、男女ともに杉戸高校の優勝は逃しましたが、頑張ってくれました。
各自の空き時間には、審判も行いました。






その後、時間があったので、全員を2チームに分けて勝ち抜き戦を行いました。
白チーム(15人)の先鋒の山本がいきなり3人抜きをしたかと思えば、赤チームの今井も2人に勝って、流れを引き戻す。一進一退の勝負が続きました。最終的には赤チームの勝利となりましたが、結果以上に一本への気持ちが両チームから溢れており、とても盛り上がった閉めのイベントとなりました。





全ての稽古が終わった後は、お昼ごはんを食べ、バスに乗って帰路につきました。
バスの中では半数以上の部員が寝ており、相当疲れた合宿になったかと思います。




この合宿はとても大変なものでしたが、この大変な4日間を乗り越えることが出来たという事は、今後につながると思います。これから、どんな困難が待ち受けているか分かりませんが、この合宿の事を思い出して、”あの時頑張れたんだから、今回も頑張ろう!”と思ってもらえたら良いかと思います。お疲れ様でした。
また、この合宿に関して、保護者の方々には大変お世話になりました。感謝申し上げます。
更に、この合宿に参加した他の学校の生徒・顧問の先生方にも大変感謝しております。ありがとうございました。

我々杉戸高校剣道部は、今後とも努力して参りますので、応援よろしくお願い致します。