日誌

【剣道部】6月の活動報告

こんにちは!杉戸高校剣道部顧問の桐原と申します!

現在は、期末考査1週間前の為部活はお休み中ですが、毎日元気に活動しています!




●6月
・インターハイ個人予選に出場しました!
2日には、3年生にとって最後の個人戦であるインターハイ個人予選が県立武道館で行われました。本校からは3年生3名(男子2名、女子1名)が出場しました。

平野 1回戦勝利 → 2回戦勝利 → 3回戦敗退
藤田 1回戦敗退
佐野 1回戦敗退
飯田  棄権


いつもの調子が出た人と出なかった人に分かれたかと思います。
何が分かれ目だったのでしょうか。様々な意見はあると思いますが、
自分なりに反省をして、次につなげてほしいと思います。



・練習試合を行いました!
9日には幸手桜高校にて4校合同で、17日には春日部女子高校にて5校合同での練習試合を行いました。
25,26日に最後の団体戦があるので、そこに向けて最終調整です。

技術の確認はもちろんですが、試合に向けての心の準備もしっかりと練習しなければなりません。
1回1回の稽古を大事にしていきましょう!



・インターハイ団体戦が行われました!
25日に女子団体、26日に男子団体の大会が県立武道館にて行われました。
3年生はこれが最後の大会となります。
大会前日の稽古も思い残すことがないように、全体の稽古が終わってからも稽古に励む様子が見られました。
3年生はもちろんのこと、1,2年生もとても気合が入っていたように見えました。


男子
1回戦 杉戸○3(7) - 0(1)●飯能
初戦は十二分にいつもの力が出せるように準備をしなければなりません。
その甲斐あってか、先鋒からしっかりと流れを作ることが出来ました。
試合の結果が確定したところで、少し気の緩みが見えたでしょうか。
最後まで自分の力を出し切らなければなりません。反省ですね。

2回戦 杉戸○3(7) - 1(2)●幸手桜
春でも当たったチームです。春は杉戸の完勝だったのですが、今回は同じようにはいきませんでした。
以前にやったことがあるチームだったということもあるのですが、全く足が動いておらず、試合にこそ勝ちましたが、内容面では反省材料だらけでした。

3回戦 杉戸●0(1) - 4(7)○松山
強い相手とは分かっていました。だからこそ、気合が入っていました。
結果は松山高校の勝利ですが、果敢に立ち向かっていく様子が見えました。
2回戦が終わった後の反省会を経て、各自が思い直すことがあったようです。
引いて打たれて負けるのではなく、積極的に打ちに行って負けてしまいました。
それなら仕方ありません。よく攻めました。

男子は2回勝利をしたので、県ベスト32という結果で終わりました。
最後の最後にチームがまとまり、同じ方向に向けました。
大会の途中に大きく成長する瞬間を見ることが出来ました。








女子
1回戦 シード
2回戦 杉戸●0(0) - 2(2)○久喜
久喜高校は春の東部地区で準優勝の結果を残している強いチームです。
ずっと、強い相手に立ち向かうために稽古に励んできました。
先鋒こそ負けてしまいましたが、その後は打たれないようにしながら隙を突いて攻めるという流れで試合を進めていきました。
一本にこそなりませんでしたが、惜しい打ちも多くありました。
思っていた以上の健闘をすることができ、生徒も自信になったかと思います。








これで3年生は引退です。
これまで部を献身的に引っ張ってくれました。指導者がいなかった時期も自分で稽古のメニューを考えながら試行錯誤して、ここまで成長してきました。
この経験が必ずどこかで生きるはずです。


杉戸高校剣道部の変化を少しだけお伝えします。

部室に棚が追加されました!



既設の白い棚の下に木材で作った棚を設置しました。
これで、男子部員全員分の棚が確保できました。着替えなどは他人と混ざることなく入れられます!


これからも頑張れ杉戸高校剣道部!引き続き応援よろしくお願い致します!