日誌

【剣道部】合宿4日目

こんにちは!杉戸高校剣道部顧問の桐原です!


杉高剣道部の絆が段々と深まってきました。
やはり、強い相手・目指す目標があると大きく成長できますね。

朝の稽古は、打ち込みでした。
面と小手を中心に足を使いながら打つことを意識して行いました。
元太刀も相手が打ちやすいようにするには、自分だけでなく相手のことも考えなければなりません。

打たれるだけじゃなくて、その間にも学ぶことがありますね。






朝食を食べたら、午前の稽古です。
アップの際に、まだまだ声が出ていない!と先生からの檄。
どれだけ主体的に稽古に参加できているかということが影響してきます。

自分を顧みる機会になればよいのですが・・・



その後は面打ち・小手打ちを数多く打ちました。
そして、60分の地稽古。
多くの人と稽古が出来たでしょうか。
合宿も後半になってきたので、地稽古の機会も少なくなりました。
こんな機会はないので、是非どんどん稽古してほしいですね。



昼食後、午後の稽古は昨日の8リーグの続きをしました。
1分間で試合を決めなければならないので、どんどん前に出て攻めていかなければなりません。










晩御飯を食べたら、最後の夜稽古です。
夜稽古は、ひたすらの面打ち。
しっかりと間合いを作って攻めて攻めて・・・、からの面でした。






どんなスポーツでも武道でもありますが、
練習は本番のように、本番は練習のように。という感じでしょうか。

さあ、明日が最終日!
成長してます!最後まで頑張ってほしいですね!ファイト!!