日誌

【男子ソフトテニス部】中学生と合同練習

11月23日(金)祝日に中学生との合同練習を初めて実施しました。来校してくれたのは、杉戸中学校と杉戸東中学校の生徒たちでした。
準備運動からアップ、前衛・後衛練習という流れで一緒に練習を進めました。相手を見て考えてラリーをする、ボールを出す。全体に通らない指示を近くの者が伝えてあげる。中学生のうまくいかないボレーを、自分のわかる範囲でアドバイスしてあげる。普段の練習にはない責任感を意識しながら動けたでしょうか。後半には、練習試合形式で実戦練習も行いました。溌剌とした中学生の姿に、こちらが圧倒される場面もありました。

部活動においては部員同士や練習相手との関わり・繋がりが欠かせません。そして技術を磨くことはもちろん、こうした人とのつながりから学ぶことこそ大切なものとなります。このような機会から、自分にできることを考え行動にうつしていく姿勢をつかんでほしいと思います。
半日という時間でしたが、学ぶことの多い合同練習となりました。杉戸中・杉戸東中の部員のみなさん、先生方ありがとうございました。