日誌

【女子バスケ部】 活動日誌

まずは隗より始めよ

梅雨寒に、ここのところしばらくは夏の予感も感じられずにいます。授業時数も数えるほどになってきてはいるのですが、まだまだ遠い学期末。

杉戸高校・女子バスケ部。この週末はこっくりと時間をかけて、練習に取り組んでいました。まず土曜日は近隣の二つの中学校との合同練習、自分たちが今取り組んでいる諸々を中学生に伝えながら。今は毎日、バスケットプレーヤーとしてコントロールできないといけないものを練習の中で体や頭に落とし込んでいる訳ですが、それを言葉にすることの難しさに選手たちは頭を悩ませていました。でも、それができてこそ良いプレーヤー!。プレー以外の一つひとつも、すべて練習のうち。いっぱい悩み、たくましくなって頂きたいものです。中学生の皆様、またぜひ一緒に練習しましょう。いつでもお待ちしております。

また日曜日はシュートについてだけ。取り組みをひとつに絞って練習しておりました。ステップの仕方やボールコントロールの方法などの、シュート前の体の使い方。目をこらさないとついおろそかになってしまう様な細かな部分をしつこく反復しながらシューティングです。いろいろな考え方がありますが、正しさはすなわち速さと強さ。きちんとやるからこそ、上手くいくのだとコーチは考えています(これは土曜日に中学生にも伝えたこと)。それを理解した上で選手たちが練習していきますように。その願いも込めて、ひたすらにシューティングの時間となりました。

まだまだゲーム形式にはほど遠いかもしれませんが、着実に一歩ずつチームを進めていこうと考えています。頑張りましょう、カエル軍団。梅雨にこそ高らかに!