日誌

【女子バスケ部】 活動日誌

よいものだけは消えないように

水無月も終わりを迎え、いよいよの夏らしさです。なかなかの暑さとなっています。杉戸高校は来週水曜日からの期末考査を控え、部活動もテスト休み中です。

そんな訳で、我ら女子バスケ部もしばしのお休み。ということで、休み前の練習では新チームになってから取り組んでいる、「チームルール」に関わる技術習得のひとまずのとりまとめ。どこでプレーするのか、どうやってボールをコントロールするのか、コンタクトのある中で、ハードに体を使う中で、怪我をせずにプレーするにはどう考えればいいのか。それらの確認をしておきました。

簡単だからこそ大切なこと。大切だから難しいこと。そんなことばかりですから、そう易易と習得できる訳ではありません。難しいなぁと選手には思ってもらいたいことばかりなのですから!それは当然のことです。

それでもやはり。高校生は練習すれば伸びる!始めた頃よりも、ほんのわずかな振る舞いや目線の中に、理解し身につけていく様子が感じられました。特にそれは「声」に、その大きさやら出すタイミングやらに。4アウトのパッシングでチームルールとプレーヤーの基本を身につける中で。1年生のプレーヤーに大きな変化があったことはとても快い。しばらく勉強にうなる日々が続くのでしょうが、この感覚は忘れることなくいてほしいものですね。
少しずつ。夏の予定も立てながら、いよいよの夏休みを迎えようとしています。カエルの季節はこれからだ!その前にまずは勉強!頑張りましょう。

女子バスケ部 コーチより

追記

先週末には初めての保護者会も開催できました。新チームのスタートということで、コーチも春から変わりましたので。コーチとしての指針や、今後のチームの方針や予定・計画などのお話をさせていただきました。保護者の皆様、お休みにもかかわらずご来校いただき、ありがとうございました。また今後とも宜しくお願いします。ぜひ練習にもお越しくださいませ。試合の応援もぜひぜひお待ちしております。