日誌

【女子バスケットボール部】 活動日誌

鳴かぬカエルは閑蛙

杉戸高校、ただいま中間考査前ということで部活動も停止となっております。我らカエル軍団もテスト勉強中。沈思黙考、というところです。

このテストが終わると、なかなかに日程も詰まっております。目標になるのは新人大会支部予選、初戦は11月4日からとなりますが、テストを終えるとすぐに2年生は修学旅行に出発です。それを考えて、実は通常1週間前からのテスト期間を前倒しに。早めにテスト準備を始めて、その分再開を早めて対応しようと。

休む前は何せ人も少ないもので、1年生の選手たちも溜まった疲労が隠せずに、練習試合にもアレコレ我慢する中で臨んでいた部分もありました(まぁ、出来ないことがある中で、その分をカバーすることも練習のテーマの一つにはなっていましたが)。その疲れを上手くここで解消できると良いなぁと思っております。もちろん、学生の本分は学業ですから!これこそまさに選手にとっての本番ということで、集中して勉強に励みましょう!と話もしてのテストやすみ。

とはいえバスケ選手のテスト休みですから、ほどよくそれぞれのプレーについての考えも深めておいてほしいもの。勉強しつつ、疲れとりつつ。再開したときのイメージをふくらませたり、直前の練習ゲームの中で生まれた課題を乗り越える策を探したり。選手には話したこと。見える力と見えない力の話。ここでの話はもちろん見えない力を蓄えられますこと、コーチとしては期待して。

「秋風は日に異に吹きぬ」ということで。秋深まるこの時期にしっかり様々の準備を重ねて、力を蓄えられますように。カエル軍団、勉強工夫が肝心、がんばろう!