日誌

【女子バスケットボール部】 活動日誌

それは土地鑑の問題だ

立夏を超えて、夏ももう間もなくです。世の中はGW!杉高女子バスケ部は練習ゲームを中心に活動しておりました。

それぞれの高校と、カテゴリーを超えてふたつの中学校と。たっぷり練習することができました。お相手いただいたそれぞれのチームの皆様、ありがとうございました。

課題はそれぞれ、オフェンスにもディフェンスにも。そして選手たちにもそれぞれの課題が生まれていくのですが、チームの総論としてはやり切ること、やり抜くことって何を指しているのか?というところでしょうか。コートに立てば当然相手がいて、様々な判断を迫られる中で混乱したり、弱気になったりすることがあるのは分かります(当然、コーチにも多くの経験あり)。コートに立つことはとても厳しく、その中でプレーするのはとても大変なことです。だからこそ、練習で取り組んでいることを徹底することが肝心。走るコースはどこをどうやって駆け抜けていくのか。どこまで走るのか(そして、そこで正しく判断)。ディフェンスならばどこにいるのか、どこまで足を運んで(もちろん走って、トップスピードで移動!)おくのか。ドリブルするなら、どこまでボールを運ぶのか。ボールを突いたまま、気軽に入ってはいけないのはどこなのか。やり切るとか、やり抜くとかは、その「場所」に行くか、行かないかの問題です。だからこそ練習で口酸っぱく話している訳です。
ゲーム形式の練習の中でいくつか、その場所間違えがチラチラと。選手を捕まえては確認し、タイムを取っては確認し。

するとそのうち、選手たちの中から「コーナー!」の声が聞こえるように。しめしめ。

これが「エルボー!」とか「ウイング!」とかに広がるとより楽しくやり切っていくことにつながるのですが、それはもうちょっと先の楽しみにしておきましょう。

あとは細かなゲームの進め方や考え方(点数は5点刻みとか、2パーソンプレーのポイントとか)を伝える中で連休も終了となりました。今週、また細かな技術の確認と場所の話をしつつ、それらを補完していこうと思います。今週末の練習ゲームでよい具体的な場所のコールが聞こえることを楽しみに。

よりよい実りあるGWであったかはこの後のお楽しみに。各選手、充実した時間であったでしょうか。それでは、さらば連休、また会おう!

杉戸高校・女子バスケ部コーチより