日誌

【女子バレーボール部】大会報告

学校総合体育大会 東部支部予選(5月30日)

 

1回戦 叡明高校と対戦しました。 

  第1セット 25-14

  第2セット 25-12

 第1セットの序盤は一進一退が続きましたが、中盤からリズムをつかみ、勝利することができました。

 

2回戦(地区代表決定戦) 春日部女子高校と対戦しました。

  第1セット 22-25

  第2セット 22-25

 2セットとも競った展開になりましたが、残念ながらあと一歩及ばず、敗退しました。

 昨年の練習試合では歯が立たなかった相手でしたが、3年生を中心にチーム戦略を練り上げ、差を詰めることができました。

 

3年生との日々を振り返ると、さまざまなことが思い起こされます。

2年前のこの大会。入学時に上級生が3人しかいなかったので、1年生ながら出場し、ひとつ勝てたこと。

1年生の2・3学期は、体育館の改修工事のために渡り鳥生活をしたこと(杉戸農業高校様にはたいへんお世話になりました)。

新しくなった体育館で活動できると思った矢先、新型コロナウイルスのために長い休校となり、練習できない日々が続いたこと。

部活動再開後も活動に制限がかかりました。大会がいくつか中止になりました。

ですが、いつも明るく前向きで、仲の良いチームだったと思います。

 

明日からは2年生中心のチームになります。2年生・1年生も、3年生のように自分たちの特長を生かしたチームを作り上げてほしいと思います。