【1学年】JICAに学ぼうじゃないか。

 

9月26日(火)、1学年の総合的な探究の時間は、

JICA国際協力出前講座を実施しました。

講師の三谷千花さんは、青年海外協力隊として

イエメンでの活躍されていた経験があります。

イエメンの民族衣装で登場した三谷さん。

生徒を巻き込んだユニークなお話が続き、

あっというまの55分間でした。

○アラビア語での自己紹介の仕方

○世界の発展途上国に住んでいる人々は55億人(世界人口の約8割)

○頻繁に起こる洪水や停電の話

○学校教育を受けられることは、決してあたりまえでない

○「だます側より、だまされる側が悪い」という文化もある

などなど、日本で暮らす我々の予想を超える実体験の話に、

杉戸高校生は興味津々でした。

 

また、SDGsの観点からもお話をいただき、

「我々一人一人が世界のために何ができるか」を

考えさせられる時間となりました。

 

最後に、三谷千花さんから、杉戸高校生にメッセージです。

「世界は広い!面白い!!

 いろいろな人々と出会うためにも、英語を勉強しよう!!」