今日の杉戸高校

【1学年】予備校講師に学べ

 

6月30日(木)、1学年は「自分の勉強を見つめ直す」と題し、

駿台予備学校大宮校より講師をお招きして進路講演会を実施しました。

 

猛暑の為、リモートで行いましたが、

勉強のプロフェッショナルの語る内容に、

生徒達は真剣に聞き入っておりました。

 

特に

「中学と高校の勉強の違い」

「大学受験の為にも、学校の授業が大切」

「学習リズム、生活リズムの重要性」

の話は、生徒達に響いたようです。

 

早速効果がでたようで、

7月1日(金)は始業前に早めに登校し、自主学習を行う生徒達が増え、

授業は、1時間目から大変集中する様子が見られました。

 

この調子で、4日(月)から始まる期末考査も頑張ってほっしいと思います。

 

自分の夢の為に、やるしかないぞ!杉戸高校生!!

【2学年】探究活動のプレゼンを行いました

今学期の総合的な探究はSDGsの17のゴールのうち、同じ課題を解決したい生徒でグループを結成し、解決方法を探究する活動を行ってきました。6/21・28には3年生に対して、自分たちの探究活動のプレゼンテーションを行いました。3年生からは貴重な質問やアドバイスをもらうことができ、有意義な2時間となりました。

       

【1学年】精神と時の部屋

 

期末考査1週間前。

5階1学年フロアには、特別自習室「精神と時の部屋」が出現。

考査勉強集中の為の、超スペシャルルーム!!

私語禁止、出入り禁止(トイレを除く)の修行部屋。

 

さあ、自分に負荷をかけ、学力の向上を目指して頑張ろう!!

来たれ、挑戦者よ。

待ってるぞ。

 

 

【国際理解】中国とのオンライン交流会

6月22日(水)16時から、北京外国語大学附属中学の生徒(日本では高校生)と令和4年度第1回オンライン交流会が行われました。北京はまだ新型コロナウイルス感染予防対策で登校できない状況なので、中国の生徒は家からのオンラインで参加となりました。

第1回目なので、お互いに自己紹介をし、その後フリー質問タイムで約1時間の交流でした。中国の生徒は日本語を勉強しているので、使用言語は日本語と英語でした。

アニメ・ゲーム・ファッションや学校のことなどがお互いに質問されました。

へぇ~。そうなんだぁ~。

 

46回生1学年の連絡白板に、ひっそりと存在する「今日は何の日」。

 

日替わりで、さまざまな分野の「今日は何の日」が書かれています。

 

真面目なものから、ちょっと強引なものまで、内容も様々。

 

生徒間にも、じわりじわりと浸透中。

 

ご来校の際は、ぜひ2回職員室前の「46回生1学年の連絡白板」をご覧ください。