日誌

バスケットボール部(女子)

【女子バスケ部】 活動日誌

雨のバケツの中にいるカエル

またもやというべき台風が近づいてきて、今日は暑さもひとやすみ。杉戸高校も風の涼しさに包まれております。

我らカエル軍団、日曜日まで遠征に出ておりました。県外の大会に参加してのゲーム合宿です(お相手いただいた多くのチームの皆様、ありがとうございました)。なかなか昨年まではなかったようなことでもあるためか? いくつかアクシデントもありました。行きからの珍道中、○○ってる2年生!などもありつつも、ゲームから生活面まで多くの経験を積めたように思います。同じ釜の飯を食う!というのは比喩的なものでなく、チームを作っていくのだなぁと感じた3日間となりました。

その中でも、コーチとしては。技術的なことはもちろんとして、見えるものが増えたことがとても大きく。何となく、ではなく意図と狙いを持ってプレーする。相手の嫌がることや、自分たちがやっておきたいことを正しく把握して判断する。それが見えるようになったので、途中離されたとしても後半に盛り返すことができるようになったり、自分たちの展開からきちんと引き離せるようになったり。また教えたことを理解して、自分たちなりの答えをみつけられた(要するに、教えていないことまで出来た!)のも良かったことのひとつでした。いやぁ、高校生、上手になるものですよ。

それは当然、手放しで喜べるものではないかもしれないし、上のレベルからすればまだまだなのも事実です。けれども…。現状の自分たちに出来ることをひたむきにこなしていこうとしている部分は非常によいことだとコーチは思います。カエルにはカエルの泳ぎ方があるのです。で、跳ねるときに跳ねる!良い意味で「無理しすぎない」ことは本当に大切なことです。

今日から遠征の補足。上手くなった部分を更に太く、大きくしていく練習に入ります。人数は少なめ…ですが、今できることを。やるべきことをやるだけです。だから、上手くいくんだよ、とボブ・ディランの言うとおり。さぁがんばりましょう!

女子バスケ部 コーチより

【女子バスケ部】 活動日誌

秋に咲く花の種はいつ植える?

本日は学校説明会ならびに部活動見学、参加いただいた皆様ありがとうございました。簡単に練習しつつ、ご説明したとおりに少ない人数ながらも我らカエル軍団は工夫を凝らしてバスケットを楽しんでおります。自分たちなりの工夫を磨いていくこと。その指針をもっての練習はいかがでしたでしょうか。

見学会のあとは、今日の練習を本格的に。明日からの遠征、ゲームに向けての確認が中心となりました。今まで積み上げてきたものと、できなかったもの。明日からチャレンジしたいものの確認です。まだ判断できた部分とできなかった部分が混在もいますが、さぁこれが明日からの遠征でどうなるのか。コーチも楽しみにしております。まぁたくさんの失敗があるでしょうが、厳しいディフェンスを前にミスも重なるでしょうが、あくまでもチャレンジし続けられるでしょうか。いやぁ楽しみだ、楽しみだ。

この遠征を乗り切れば彼女らはきっと大きく変化していることでしょう。選手としても、人としても。そういう機会となりますように。

女子バスケ部 コーチより

【女子バスケ部】 活動日誌

 ♪ いざゆけ 無敵の 青蛙軍団 ♪ ~その3~



ポロシャツも完成。待たせたな、1年生!
胸に輝くは、杉戸町。週末には遠征だ!

誰だ! さりげなくピースしてるのは!

追記

明日(8月1日)の杉戸高校・学校説明会。女子バスケ部は12時より練習しております。午前の部(杉戸以北)の方も、午後の部(春日部以南)の方も、ぜひぜひ参加してください。お待ちしております!

【女子バスケ部】 活動日誌

明日はヒノキの木になろう♪

意地悪な台風に悩まされた週末。単純に一過!などと喜べない状況が続きます。バスケットボールが出来る、この日常のありがたさをかみしめつつ。

さて台風がかすめた週末、我らカエル軍団は土曜には近隣中学校との合同練習を、日曜にはいつもお世話になっているチームとの練習試合をこなしておりました。カエルは雨に強いのか?それでも、急に体育館の屋根にたたきつけるような雨の音に驚きながら。

中学校チームとの練習では、いわゆるコーディネーションを中心に、自分たちが取り組んでいるバスケットボール選手としての芯の部分を確認しています。基本的な練習も楽しそうに、頑張って取り組む中学生たちの姿は本当に良い刺激に。ここに来て慣れつつもあるのか、声がけをしながら練習の内容を指示をしている選手たちの様子もチラホラと見られるようになりました。「上から目線」になることなく、高校生としてお手本になれるようにしてほしいものです。こういう一つひとつの取り組みが選手としての器を大きくするものでしょうなぁとコーチは思いますよ。コートの外と中は同じ場所、ラインの外で出来ないことはラインを越えても変わらない。

日曜日のゲームではこれまた良い経験を積むことができました。自分たちよりもサイズの大きいチームとどうやって戦っていくのか。普通に対面しては越えられない「差」をどう工夫すれば克服できるか。頭の中をぐりぐりとかき回す機会は本当に貴重なものでした。チームも1年生が多いし、人数も少ないし、もちろん経験だってまだまだ。それでも競り合いの中で積極的な選択をしにいったガード!競り合いを勝ちにいき、きちんと競り勝ったことはこのあとにつながるプレーでした。よしよし。

週末明けてのチーム練習では、できなかったことを確認しながら、こんな話を。練習は指導してもらうものじゃないこと。君たち選手自身が上手になろうとする場であること。それはもちろんコーチとしては正しきことを伝えるけれど、それがすべてではありません。怒られるからやる…とかいう受け身の姿勢の何とつまらないことか。そんなしょうもないことをやりたいわけではないですよ。せっかく良い選択もできているのだから、それをもっともっと大きなものにできるよう。ディフェンス練習をしつつ、合間にこんな話をしておきました。

今週末には県外遠征もあり、良い経験を積める場にこの後も出かけていきます。受身の何とつまらないことか!おもしろきこともなきよをおもしろく。面白いこと、楽しむこと最高!となりますように。

【女子バスケ部】 活動日誌

その声がささやかであれど

「ゆく夏に名残る暑さ」と言うべきでしょうか。今週に入ってから少しずつ過ごしやすくなってきているように感じられます。夕焼けを吸って萌え立つような秋の花や、風に消えゆくような蜻蛉の羽音も。

杉戸高校、夏休みの真っ最中。とはいえ校舎には部活動やら補習やら。勉強に来る3年生もいて、慌ただしく賑々しく。そんな中、我らカエル軍団も夏休み練習の真っ最中です。先週末から近隣中学校との合同練習やら(K中、S中の皆様、ありがとう!また一緒に練習しましょう!)、校外での練習試合やらのバスケに燃える夏を過ごしております。

いろいろありますが、まずコーチの目から見て感じたのは「正しく練習すると伸びる」という当たり前のことです。できなかったことを理解してチャレンジしていく。出来ないことを乗り越えていくためにアレコレ工夫する。それがどれだけ大切なことか!

先日お相手いただいた県外チームの監督からも(N先生、その節は大変お世話になりました。またぜひ!)、お褒めの言葉をいただけました。取り組んでいることを理解して、正しく判断できていて。そう言って頂けました。まだまだ足りないところも、そりゃ当然。何せ始まったばかりですから。それでも自分たちの取り組みが間違っていないことに、きっと彼女らも自信が持てていることでしょう。

さぁそしてこれから。さらなる飛躍に向けての力強さを身につけていくこと。強さはそう、正しさのことです。基本からもう一度、今までの取り組みのもう一アクセントを付けられることを。それが今日、ひさびさの自分たちだけでの練習の中で取り組んだことでした。

出だしの一歩目は良い感じに踏み出せました。さぁこれから先、もっともっとそのステップを続けていけますように。日々練習、日々研究!弛まぬ工夫を武器にしましょう!

女子バスケ部 コーチより