日誌

バスケットボール部(女子)

【女子バスケットボール部】 活動日誌

明日はヒノキの木になろう♪

暖かく、そしてむず痒い(ハックション)春らしい日々が続きます。風が柔らかいなぁとこの季節によく聞かれる言葉も、冬の寒さがあったから感じられるもの。今あることに甘えずに、その前にあった今はないものにも目が配れるようにしたいものですね。

ということで、厳しき冬をのりこえたカエル軍団は練習に萌える?日々です。練習に参加してくれている新入生諸君と、今日も体の使い方やらチームルールの確認をしておりました。ただしいペースで、よく考えて。みんなでできる練習を楽しんで。

今日の確認ごとはいわゆる「合わせ」の部分です。なかなかに秘訣があったりなかったり?しますので、シンプルですが簡単ではありません。それでも頭を使って理解して意識して、コツをよく飲み込んでチャレンジしてくれていました。カエルは何でも丸飲みだ!

そんな訳で、練習の終わりには「勉強大事!」という結論に達しました。やっておいて無駄にならないものならば、得意でなくとも好きになろう。明日はヒノキの木になろう♫という感じです。

3月から4月にかけて、こんな感じで無理をせず、とはいえしっかりと足元を固めております。新入生のみなさま、練習参加いつでもお待ちしております。よろしく、どうぞごひいきに。

女子バスケ部コーチより(前回、これ忘れました)

【女子バスケットボール部】 活動日誌

希望の前に響く歌

暖かな予感は風向きも変えてくれて、気がつけば首をすくめるような空気も遠くになりつつあるようです。いよいよ春、待ちわびた季節です。長い冬眠から、カエル軍団も復活ですね。

さてさて、お目覚めのカエル軍団。7号ボールを使っての武者修行を終えて(まぁ要するに男子チームの練習に乗り込んでいた訳ですが)、飛びすぎる6号に戸惑いながら春休みの練習に取り組んでおります。4月からの新入生たちも何人か、昨日からの練習に参加してくれています。本当にアリガトウ!!!  

まだ2・3年生たちも6号ボールに戸惑う?中ですし、新入生たちも体慣らしの段階ですから無理をせず、われらがカエル軍団「Mighty Frogs」のチームルールとなる基本的な部分をコツコツと練習しております。短時間集中、無理のない体の使い方と正しい技術。オーバーコーチングにならないように。けれども大事なスタートですから間違いのないように。しっかりと考えてもらえるように言葉をかけて、メニューを組み替えながらの練習です。今日は基本的なステップに加えて、シュート練習とドリブル突出し(トラベリングの矯正)の練習してみましたが、しっかりと考えながら取り組んでくれていました。

春の暖かさの中ですくすくと成長していけますよう、あたらしい息吹とともに春休みの練習に邁進していこうと思います。だれもが「期待の星!」(by Y先生)です。新入生のみなさま、いつでも練習参加、お待ちしております!


【女子バスケットボール部】 活動日誌

冬来たりなば春遠からじ その3

先日、26日の土曜日。杉戸高校は今年度最後の学校見学会が行われました。バスケット部は男女で受付および誘導・案内係として協力を。寒い中だからこそ爽やかに挨拶!

全体説明のあとには校内見学やら部活動見学に。女子バスケ部にも何人かの中学生が足を運んでくれました。そこで私(コーチ)からチームの現状やら、活動方針などもお話をさせていただきました。以前に(コーチの前任校で)練習に参加してくれていた中学生もいて、アレアレという感じもありましたが。皆様、熱心に私の話を聞いてくださり、大変感謝です(このページにも訪れてくださっている方にもお会いもしました。駄文、乱文、失礼いたしております。今後ともごひいきに)。

中学生の皆さん。勉強、頑張りましょう!ぜひ春からこの場所で、一緒に勉強にも部活動にも「日々研究」と「日々練習」をモットーにできますことを願います。

女子バスケ部 コーチより

【女子バスケットボール部】 活動日誌

冬来たりなば春遠からじ その2

新年を迎えました。お目出度くある人も、静かに心安らかに過ごしたい人も。今年もよろしくお願いします。

カエル軍団・MIghty Frogsも本日、1月4日からの始動となっています。思えば昨年は…なんていうのも無粋なことでしょう。光のどけき初春の、ですから暖かな目標などを一つ、二つばかり。

まずは選手に怪我のない(をさせない)こと。いつもこれは変わりませんが、また改めて頭に置いておきたいと思います。コンタクトを避けられないスポーツなので怪我のリスクはつきものですが、できるかぎり少なく、小さく。そのために日々の練習の中で正しい体の使い方と体づくりを徹底していきたい。選手一人ひとりがチームの宝です。チームのために、という心構えが選手の中に芽生えてきた今だからこそ、無理とか我慢ではないものを自分たちの力にしてもらいたいものです。

もうひとつ。チームとしての活動を本格化させていくこと。ハード面でもソフト面(ソフト麺ではなく)でも実施できるように。今年度より女子部にも私が関わり、杉戸高校の女子バスケ部も少しずつ、周囲に認知してもらえるようになってきているかと思います(中学生の皆さんにも)。今は武者修行中の身ではありますが、4月には新入部員のオタマジャクシもたくさん集まってくることでしょう。今いる選手たちが、自分たちの学んだことを新しい選手に伝えて…という流れを作っていけると思います。判断を正しく。決断を早く。日々考え、工夫し、誰のものでもない自分たちなりのものを編み出していくこと。受け継がれてこそ、流れは太く強くなるものです。

さてさて。春まだ遠く思えるような寒さが漂っておりますが、その中にある気配を見逃さないよう、日々練習、日々研究を旗印に工夫の弛まないよう、また新年から進んでいこうと思います。変わらぬご声援、宜しくお願いいたします。

女子バスケ部 コーチより

【女子バスケットボール部】 活動日誌

冬来たりなば春遠からじ その1

日誌、というわりに更新もマメではなく。いよいよの寒さにも首をすくめるばかり。やれやれ。

試験も終わり、カエルチーム、練習再開です。ここのところは武者修行の旅に出ております。人の軒先を借りて? コーチも勉強中です。アレコレ、考える日々となっています。

寒さも本格化していきますが。「しらじら窓辺を悲しみが」ちらつく日々ではありますが、自分たちの思うバスケットボールを信じて練習し、研究するのみ。カエルチームも工夫あるのみ。

週末には近隣中学校が練習に。意欲あるプレーヤーが来てくれるのはとても楽しいことです。多く刺激を受けたいと思います。冬休み中も活動中です、興味のある方、学校までご連絡ください。

女子バスケ部 コーチより