日誌

バスケットボール部(女子)

試合結果報告


 こんにちは。女バス顧問の馬越です。8月16日より開催された東部支部選手権大会の試合結果を報告いたします。この大会は秋の新人戦のシード決めの大会であり、新チームのデビュー戦でもあります。この大会の結果を軸にして今年度の公式戦が繰り広げられていきます。さて、本校女子バスケット部は8月16日(日)に越ヶ谷高校会場にて、庄和高校と対戦しました。以下、試合結果です。

              杉戸   12-10   庄和
                    17-10
                    15-15
                    13-11
             TOTAL   57-46

 試合序盤は一進一退の展開となりました。どちらもターンオーバーが多く、スムーズに得点できない状況。その中でも我慢強く選手たちは戦ってくれました。前半は1年生のカリンが好調。3Pを含む10点をあげました。後半は2年生のエリの3Pが決まりだし、キャプテンのミナエは1試合通して活躍してくれました。他のメンバーも個々の役割を果たしてくれて、最終的には全員出場の勝利となりました。しかし、反省点も多々ありました。オフェンスの組み立ての問題やターンオーバーの多さなど、やはり得点が取れないことが大きな問題です。個人はもちろんチームとしてこの課題に取り組んでいかなくてはなりません。
 しかし、なんとか勝利したので18日(火)の2回戦を戦うことになりました。会場は庄和高校、対戦相手は八潮高校でした。以下、2回戦の試合結果です。

              杉戸  9-26  八潮
                  11-18
                   7-23
                  19-15
            TOTAL  46-82

 結果的には完敗でした。所々では戦えるところはありましたが、1Q後半からターンオーバーを連発し相手に連続得点をされたのが結果的に痛かったです。1Q終了間際にサイドスローからセットプレーでブザービーターを決めることができ、雰囲気は少し回復しましたが、前半大差をつけられて後半を迎えました。何とか巻き返しを図りゾーンに変えましたが、相手の3Pが入り始めてしまい、逆に点差を広げられてしまいました。しかし、試合終盤は相手のメンバーが落ちたのもありますが、選手たちは自分たちのプレーを見せてくれました。点差を気にせず自分たちのバスケットをすることを目的として最後まで戦ってくれたと思います。しかし、格上のチームに対して戦うには自分たちのミスをできるだけ少なくして粘り強くついていくことが絶対条件です。1Qで相手を怖がってしまい、自滅してしまったことが最大の敗因だと思いました。やはり、格上のチームと戦うにはメンタル面の強さも必要だと感じました。顧問がもっと自信を持たせて試合に臨ませることができていたらまた違ったかもしれません。
 この大会では目標であったベスト8(=3勝)は残念ながらできませんでした。選手たちは夏休みの厳しい練習を頑張ってくれましたが、結果的にはまだまだ力不足でした。1勝はしましたが、シード権の獲得はならず、新人戦はノーシードとなります。しかし、どちらにしろ上のチームと戦える力をつけなければ県大会出場は厳しいと思います。大会直前に、この大会で優勝した草加高校、3位の草加西高校と合同練習&ゲームをやらせてもらいましたが、私にとっても選手にとっても大きな経験でした。あのチームと戦えるように、と全員が考えて、そのためにどうすれば良いのか。新人戦に向けて絶対に必要な気持ちだと思います。その気持ちを持続させれば結果はついてくると顧問は思います。
 新人戦の抽選会は9月15日(火)です。大会は10月24日(土)より始まります。学校行事が多く、準備が難しい時期ですが、県大会出場目指して練習あるのみです。今回の夏の大会で応援に来てくださった保護者の皆様、3年生OG、他の皆様。暑いなかの応援、本当にありがとうございました。少しでもレベルアップして、新人戦で良い結果がでるようにチーム一丸となって頑張りますので、また熱い応援よろしくお願いいたします。

 *抽選会が終わりましたら試合日程等をご連絡いたします。

報告と夏季大会のお知らせ


 こんにちは。女バス顧問の馬越です。3年生最後の大会IH予選が終わり、新チームがスタートしました。3年生が抜けて、人数は少なくなりましたが、IH予選のような悔しい負け方はもうしたくないと(顧問含めて)、新部長・新副部長を中心に新たに目標を設定し、練習を開始しました。目標は県ベスト16と高いですが、高い目標だからこそ、そこに向かって努力し、そこを目指すことで必ず得るものはあると思います。目標を諦めず、妥協せずに頑張れるようにチーム全員で取り組んでまいります。
 さて、早速ですが夏季休業中に行われる東部支部選手権大会の抽選会が6/27春日部高校にて行われ、組み合わせと日程が決定しましたので、以下にお知らせいたします。

 1回戦
      時間:8月16日(日) A1 9:00~  会場:越ヶ谷高校

             杉戸高校 vs 庄和高校

 2回戦
      時間:8月18日(火) I1 9:00~  会場:庄和高校
 
             杉戸高校 vs 八潮高校            *if  necessary

 3回戦 (ベスト8決定戦)
      時間:8月19日(水) L1 9:00~  会場:昌平高校

             杉戸高校 vs 草加南高校 or 鷲宮高校   *if necessary

 4回戦 (ベスト4決定戦)
      時間:8月25日(火) O1 9:00~  会場:春日部ウィングハット

             杉戸高校 vs 昌平高校ブロック勝者    *if necessary

 決勝リーグ戦
      時間:8月26日(水)~28日(金)
      会場:春日部東(8/26)、栗橋北彩(8/27)、春日部(8/28) *if necessary

  *詳細は東部支部HPにて

 この大会の目標はベスト8(=決勝リーグ進出)(=3勝)です。かなり難しい目標ですが頑張りたいと思います。夏の大会はどのチームもまだ荒削りですが、夏休みの練習成果が出る大会でもあります。夏休み中にいかに充実した練習ができるか、どれだけレベルアップできるかが大事になり、またそれは今後のチームの土台にもなることです。真夏の体育館のつらい環境の中で、どれだけバスケットボールに集中できるか、楽しめるかだと思います。夏休み中は基本的には練習、練習ですが、他校との練習試合もなるべく多くこなし、試合経験を積んでいきたいと思います。また、宿題も7月中に終わらせることを目標にしています。「夏休みだなぁ・・・。」と思うような夏休みにしたいです。
 保護者、関係者の皆様。是非、この夏の大会の応援に会場に来てください。真夏の灼熱の体育館で熱い試合ができるように、チーム一丸となって頑張ります。新チームにも変わらぬ応援とバックアップをお願いしたいと思いますので引き続きよろしくお願いいたします。
 新チームも応援されるチームを目指しています。

試合結果報告2


 こんにちは。女バス顧問の馬越です。6月6日に行われたIH予選東部地区予選2回戦の試合結果を報告させていただきます。

 日時:6月6日(土)12:00~     会場:白岡高校   対戦相手:春日部女子

            1Q   16 - 8
            2Q    8 - 12
            3Q    9 - 7
            4Q    4 - 13
     TOTAL        37 - 40

 この試合のテーマは「全力を尽くす」でした。全員が全力を尽くせば勝てる。そう考えていました。具体的なプランとしては、前半でできるだけリードをして(できれば2ケタ)、必ずしかけてくるであろうゾーンを、練習通りのオフェンスで攻略する、でした。相手のオフェンスパターン、ゾーンディフェンスに対する練習を行ってきて、練習通り行えばプラン通りいけると思っていました。1Qは、オフェンスのイージーなミスなどもありましたが、ほぼ理想的な立ち上がり。相手のオフェンスをしっかり止めてからの速攻などもでました。しかし、1Q終了時に2年生のアカネが足を怪我。離脱を余儀なくされました。2Q序盤はリードを広げる展開。しかし、相手のディフェンスがゾーンに変わり、さらにツープラトンでのディフェンスチェンジもあって、こちらの得点が止まってしまいました。相手の外角シュートも決まりだし、前半終了で何とか4点のリードを保つだけになりました。後半は「あきらめたほうが負け、粘って勝つ」ということを選手たちに伝え、送り出しましたが、両チームとも重苦しいオフェンスが続きました。逆に見れば、両チームとも集中した良いディフェンスをしていたともいえます。6点リードで迎えた勝負の4Q。重苦しい雰囲気は続いてしまい、徐々にミスを重ね、相手のディフェンスを崩すことができなくなりました。その中でも選手たちは必死にディフェンスをしてましたが、相手のスリーポイントが決まり、追い上げられ、残り2分を切って逆に3点リードされる展開となりました。その後もオフェンスチャンスが何回かありましたが、シュートが入らず、ターンオーバーをしてしまい結局3点差のまま試合終了となりました。4Qは残り7分間ノーゴールでした。
 ほぼ、プラン通りに試合が進み、選手たちは研究した相手のオフェンスをしっかりと守ってくれました。相手を40点に抑えましたが、得点が取れなかったことで逆転負けという悔しい結果になってしまいました。やはり、バスケットは点の取り合い。いくらディフェンスを頑張っても点が取れないと負けです。しかし、選手たちは全力を尽くしてくれました。この3点差はコーチの力不足です。ゲーム終盤でもっと的確にデザインができていれば。申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 会場まで来てくださった保護者、関係者の皆様。熱い応援大変ありがとうございました。期待に応えることができなくて申し訳ありませんでした。
 そして、3年生。ユイナ、ユウカ、ミナミ、ミサ、リナ。お疲れ様でした。これからは部活で学んだことを忘れずに、自分の進路実現のために頑張ってください。3年生の部活へ取り組む姿勢は素晴らしかったです。その姿は後輩に必ず伝わり、次は後輩が奮闘してくれることでしょう。また後輩のために、部活に顔を出してください。皆で待っています。
 最後に改めて。お疲れ様、ありがとう。

試合結果報告

 こんにちは。女バス顧問の馬越です。5月30日(土)に行われましたIH予選東部地区予選1回戦の試合結果を報告させていただきます。

 日時:5/30(土)9:00~  会場:幸手桜高校  対戦相手:越谷東高校

           杉戸   1Q  13 - 12  越谷東
                 2Q  24 -  3
                 3Q  17 -  6
                 4Q   4 - 12
          TOTAL       58 - 33

 以上の結果となりました。

 試合序盤は緊張からか硬さのあった選手たちですが、徐々に体が動きはじめ、2Qでは圧巻の24-3。 一気に点差を広げることができました。後半開始も点差を広げることができ、3Q途中からベンチ入り選手たちを次々とコートへ送りだしました。4Qは得点を重ねることがうまくできませんでしたが、58-33で25点差の勝利となりました。全員出場(1年生は高校公式戦デビュー)ができ、内容的にも初戦としては上々だったと思います。選手たちはコートとベンチが一体となり集中した試合をしてくれました。しかし、この勝利が目標ではありません。次の春日部女子戦に勝って、県大会出場決定戦を戦い、県大会に出場すること。それが目標です。まず、6/6(土)の大一番、春日部女子戦を全力で乗り切り、シード高越谷南高校にぶつかりたいと思います。そのためにまた準備、準備です。
 遠いところまで足を運んでいただいた保護者・関係者の皆様、ご声援ありがとうございました。次は6月6日(土)白岡高校での春日部女子戦です。皆様の熱い声援を力に変えて、選手たちは頑張りますので、またご声援よろしくお願いします。乞うご期待!!

IH予選試合日程の連絡


 こんにちは。女バス顧問の馬越です。春も深まり、深まりすぎてもう夏のような陽気が続いてますが、先日、栗橋北彩高校にてIH予選東部支部予選の抽選会が行われました。3年生にとっては引退がかかる最後の大会です。試合日程が出ましたので、以下で連絡させていただきます。尚、大会全体の組み合わせ・日程については東部支部のHPをご覧ください。

 1回戦:5/30(土) @幸手桜高校  第一試合 9:00~
 
             vs 越谷東高校

 2回戦:6/6(土) @白岡高校  第三試合 12:00~

             vs 春日部女子高校

 県大会出場決定戦:6/7(日) @久喜北陽高校  13:30~

             vs 越谷南、不動岡、蓮田松韻高校ブロックの勝者

 本校は中間考査、遠足、体育祭と行事が続いていて、厳しい日程となりますが、この時期はどの学校でも同じなので言い訳にはできません。暑さもどんどんと厳しくなりますが、この一番盛り上がる「3年生の大会」を、チーム一丸となって頑張りたいと思います。そのためには準備、準備、準備です。やれることを可能な限り行い、あとは試合で出し尽くすだけです。1試合でも多く、3年生のいる現チームで試合をすること、そしてその結果を次の代に繋げること。これを目標にしていきたいと思います。保護者の皆様、関係の皆様には是非とも会場で選手達の応援をしてもらいたいと思いますのでよろしくお願いします。
頑張れ3年生!!!

 *各会場とも関係者(顧問・審判等)以外の駐車場の利用はできません。大変お手数ですが公共交通機関での来場をお願いします。