日誌

剣道部

夏休みの活動

こんにちは。
杉戸高校剣道部の顧問をしております、桐原と申します。


7月下旬から、杉戸高校は夏休みに入りました。
部活動も本格的になりました。

そして、現在は8月4日からの合宿に備えて準備をしているところです。
ということで、7月30日31日の2日間は、春日部工業高校に出向き、3~4校の合同稽古に参加させていただきました。


春日部工業の先生の指導の下、みっちり3時間汗を流しました。
稽古の後半は試合形式の練習を行い、杉戸高校はAチームBチームに分かれて試合を行いました。




普段は、杉戸高校の道場で練習を行っていますが、そればかりだと練習メニューも偏り、新鮮味がありません。しかし、今回のように、複数校が集まる稽古だと新鮮な気持ちで稽古に励むことができます。


夏休みも稽古を頑張って参りますので、応援よろしくお願いします。

インターハイ団体予選 結果

去る6月14日に、インターは団体予選が行われました。

杉戸高校からは、男子チームが参加しました。


男子団体(於 越谷市総合体育館)
 杉戸高校 0(0)-5(7) 本庄第一高校

にて敗北となりました。
本庄第一高校は、昨年の埼玉県インターハイ優勝校であり、とても強い学校です。

先鋒は、終始押され気味でしたが、相手の鋭い打突も何とかかわし、終盤までお互い一本が出ない試合展開でした。最後の最後で合い面となった時に相手の方が素早く、一本負けとなってしまいました。粘りましたが残念でした。
次鋒も終始押され気味でしたが、相手との間隔をうまく保ちながら戦っていました。しかし、鍔迫り合いからの引き面にて一本。
中堅は、試合序盤に面を決められました。その後も果敢に攻めていきましたが、中盤過ぎたあたりに小手を取られて二本負け。攻めた結果なので仕方ないかと思います。
副将は、相手の攻めを何とかかわしてかわして・・・という試合展開でした。こちらの攻めも相手に弾かれ、中々一本が取れませんでした。面を決められ一本負け。
大将は、試合開始時から動きも良く前へ前へ攻めていきましたが、やはり相手が上手でした。小手、面と立て続けに決められ、二本負けとなりました。


抽選会から、強豪校に勝つためにはどうしたら良いのかを考えながら練習に臨みました。
相手の剣道に飲まれるのではなく、自分の剣道をしよう。そのためにはどうしたらよいか、考えよう、と指導を行ってきましたが、しっかりと行ってくれました。
結果としては、敗北と言う結果にはなりましたが、自分なりに考えて努力してくれたと思います。
3年生はこれで引退ですが、剣道部での経験や、今回の大会での経験を活かして、この先も成長していってほしいと思っています。

これまで応援ありがとうございました。
今後とも、応援よろしくお願い致します。


写真は、大会の様子です。






インターハイ個人予選 結果

去る5月29日に、インターハイ個人予選が行われました。

杉戸高校からは男子が2名、女子が1名参加しました。


男子個人(於 埼玉県立武道館)
・トーナメント1回戦敗退
・トーナメント2回戦敗退

女子個人(於 埼玉県立武道館)
・トーナメント1回戦敗退

と、なりました。
男子2名のうち1名は、初めから勢いよく打ち込むことができ、その流れで2本勝ちで勝利することが出来ました。
しかし、2回戦では残念ながら終了間際に1本を取られ、1本負けとなってしまいました。
もう1名は、1回戦の終盤に1本を取られ、巻き返すことが出来ず負けとなってしまいました。
女子1名は、1年生ですが男子に交じって練習を頑張っています。緊張からか自分の剣道が出来ずに延長戦で負けてしまいました。今後に期待です。


結果として、昼過ぎには3名とも敗退してしまいました。練習もしっかりと行っていましたが、大会の緊張やこれまでの想いなどが重なり、練習の成果が出なかったように思えます。
まだ団体戦が残っていますので、気持ちを切り替えて、杉戸高校剣道部としてもう2週間練習に励んでほしいと思います。

今後とも、応援よろしくお願い致します。


写真は、会場と試合の様子です。







右側が本校生徒です。

関東高等学校剣道大会県予選会 結果


去る4月25日に、関東高等学校剣道大会県予選会が開催されました。

男子団体(於 埼玉県立武道館)
トーナメント1回戦
 杉戸高校 3(4)-1(2) 浦和学院高校

にて勝利となりました。
気合が入った先鋒が2本勝ちを収め、流れに乗った後続も続き、試合を有利に進めることが出来ました。


トーナメント2回戦
 杉戸高校 3(4)-1(2) 県立深谷商業高校

にて勝利となりました。
トーナメント2回戦ということもあり、相手も強くなりましたが、1回戦で勢いに乗った杉戸高校が素早い攻めから一本を取り、何とか勝ちに繋げることが出来ました。所々、押され気味な場面もありましたが、何とか逃げ切りました。


トーナメント3回戦
 杉戸高校 0(0)-4(7) 市立川口総合高校

にて敗北となりました。
勝ち進んできた勢いも、先鋒・次鋒が相次いで負けてしまったため消えてしまいました。その後、引き分けに持ち込むことが出来ましたが、相手の強さに圧倒されました。



このトーナメントの結果、杉戸高校は県ベスト32となりました。
本日の試合を振り返って、前回大会の反省である前へ前へ出ていく攻めの姿勢が改善されたので、これを更に磨きつつ、隙のない攻めを意識しながら練習に励んで参ります。
今後とも、応援よろしくお願い致します。


写真は試合の様子です。




東部支部高等学校剣道大会 結果


去る4月18日19日に、東部支部高等学校剣道大会が開催されました。

18日(土)男子団体(於 久喜高校)
トーナメント1回戦(予選トーナメントはパス)
 杉戸高校 2(2)-2(3) 春日部工業高校

にて敗戦となりました。
先鋒・次鋒が残念ながら負けてしまったものの、中堅が流れを止め、副将・大将で勝ちを得ることが出来ました。しかし、一本の本数が足らず、敗戦となってしまいました。

今後は、接戦で勝てるように、一本の大事さを意識しながら稽古に励みたいと思います。



19日(日)個人戦(於 不動岡高校)
杉戸高校からは4名が出場し、2名が1勝をすることができました。
しかし、トーナメント2回戦で2名とも敗れてしまったため、ベスト32入りはならず、4月下旬から行われる関東大会県予選会の個人戦の出場権を得ることが出来ませんでした。
この経験を次回の個人戦に繋げていきたいと思います。


今後とも、応援よろしくお願い致します。