校長日誌

ヤングケアラー研修会

 11月25日(木)3.4限は1年生にヤングケアラー講演会が開催されました。
 これに先たち2限には、教員を対象とした研修会が行われ、
「学校におけるヤングケアラー支援について」教育局市町村支援部人権教育課
「ヤングケアラー支援のために~ケアラー支援計画と支援施策~」福祉部地域包括ケア課
からの説明を受けました。
 埼玉県は全国初のケアラー支援のための条例を制定し、県立学校としてもヤングケアラーサポートを行っています。埼玉県のケアラー支援について

 

 

0

沖縄修学旅行実施できました。

11月20日(日)から22日(月)の2泊3日の日程で修学旅行を実施しました。

 コロナ禍で実施が危ぶまれましたが、沖縄の感染状況も落ち着いていたので、万全の感染対策のもと実施することができました。保護者の皆様の協力に改めて感謝申し上げます。修学旅行が実施でき本当によかったと思っています。杉戸高校の思い出の一つになったと思います。

 杉戸高校は学校行事で主体性、協調性、共感力、発信力、継続力を生徒に育成する学校です。

0

調理実習

 1年生の家庭基礎における調理実習の様子です。1クラスを半分に割って、密にならないように実施しています。
マドレーヌを作っていました。コロナの感染対策を行いながら、教育活動を確実に実施している杉戸高校です。

 

0

県民の日

11月14日は県民の日です。今年は150周年の年です。様々なイベントも開催されるようです。

明治4年(1871年)に、明治政府がそれまでの藩を廃止して地方統治を中央管下の府と県に一元化した行政改革である廃藩置県を行いました。廃藩置県による府県の統廃合で明治4(1871)年11月14日に忍県、岩槻県、浦和県などが併合され、「埼玉県」が誕生しました。当時の埼玉県の県庁所在地は岩槻で、地理的には現在の埼玉県をほぼ2分割。東側が埼玉県、西側は入間県という状況でした。そして。1971年に県民の日を定める条例が制定され、11月14日が県民の日となりました。

全国で都道府県民の日を制定している自治体は、1都20県、そのうち公立学校が休みなのは、茨城、群馬、埼玉、千葉 東京、山梨の1都5県のみです。今年は日曜日で損をしたと思っている人は、県民の日が休みなのは、全国でたったの6都県、もともとは得をしているのです。むしろ、県民の日は公立学校が休みの埼玉県の生徒は、授業がなくなって、損をしていると考えるべきでしょう。

0

サッカーシュート板の修理

本校グランド南に設置してある、サッカーシュート練習板は経年劣化で、ほとんど使えない状態でした。本校後援会の支援で修理・補修し、ほぼ新品同様になりました。体育サッカーの授業やサッカー部で使うことになります。

サッカー部の決定力のアップにつながると思います。

Before

 

 

 

 

 

After  
0

令和3年度2学期始業式校長講話

みなさんおはようございます。
2学期始業式です。1学期終業式で予告したように、今日の話は長めです。

まず、1学期末のアンケート結果から、「夢は何ですか?単語で答えてください」このようになりました。
人数が多い単語ほど大きくなります。公務員、薬剤師、看護師が多いようです。英単語で答えると別カウントになります。先生も多いようです。

本校は「共に目指そう夢の実現」として、生徒諸君が仲間と共に、先生と生徒が共に、夢を実現しようというメッセージです。夢にはいろいろあると思います。進学や就職などの進路先、部活動、資格
今回の結果もいろいろありました。
夏休み中も多くの生徒が進路、部活動など夢の実現に向け努力していました。
夢は変化し変わります。今後どんな夢を目指しても大丈夫な力を杉戸高校で身に付けてください。
自己評価に関しては図のような結果になりました。
多くの皆さんが頑張っていました。
さて、夏季休業中にまん延防止等重点措置から緊急事態宣言となりました。文化祭はすでにgoogleclassroomの連絡で知っているかと思いますが、校内公開で、体育館ステージは無観客となりました。

校内公開になったからと言って、感染予防対策を緩めていい理由にはなりません。より一層厳格な感染予防対策を実施してください。
ハイフレックス型のオンライン授業も始まります。予定では10日までですがどうなるか不明確です。

学級閉鎖、学年閉鎖、臨時休校になるかもしれません。1学期終業式のアンケートの結果です。

しっかり感染対策をしている生徒は46.8%、一方でほどんど感染対策をしていないものが0.5%もいました。由々しき事態です。0.5%の生徒が杉戸高校の感染リスクを大いに高めています。
私からは、感染対策の基本はマスクの着用、手洗い、3密の回避です。

ではマスクの効果について具体的に見てみましょう。
グラフは理化学研究所スーパーコンピュータ富岳のシミュレーション結果です。従来株と同じ感染リスクに達する時間が変異株では約半分の時間です。リスク10%に達する時間が従来株は45分程度ですがデルタ株だと20分弱になります。これは、市販のマスクの吸い込む飛沫の実測値です。不織布マスクを顔に密着させることで、十分な効果が見込めます。
したがって、皆さんのマスクに関して望むことは、マスクを常につけることです。外していいのは、運動するときと飲食するときのみです。そして外しているときはしゃべらないこと。
昼食時は、飛沫防止ガードを使い、かつしゃべらない。特に2年生諸君には明言しておきます。このくらいのことが守れないようなら修学旅行は中止にします。

つづいて、同調圧力の話をします。同調圧力とは「集団において、少数意見を持つ人に対して、周囲の多くの人と同じように考え行動するよう、暗黙のうちに強制すること。」です。英語でPeer pressure、ピア・プレッシャーと言います。例えば、今のコロナワクチン接種について考えます。さまざまな理由でワクチンを打ちたくない人がいます。「打った?」とか「なんで打たないの?」と聞くことはこれが同調圧力です。今後、高校生にもワクチン接種が進んでくると思いますが、ワクチン接種に関して差別やいじめ行為を起こさないように。

 次は主権者教育の話です。
2学期には衆議院議員の選挙があります。3年生諸君の約半分は選挙権を持ちます。すなわち国会議員を選ぶ選挙に投票できます。間接的には、日本の総理大臣を決める選挙です。君たちの未来を担う日本のリーダーを決めることになります。多くの情報を手に入れ、考察し主体的に選挙権を行使してほしいと思っています。1,2年生も近い将来選挙に行きます。いざその時になって困らないように

今からの準備は必要です。
多くの情報はどのように手に入れることができるでしょうか?WEB、SNSといったネットから。新聞から。選挙公報。立会演説会から。などさまざまな手段があります。新聞は毎日、皆さんの教室へ5つの新聞が配られています。
すでに新聞を読み比べている生徒は気づいているかと思いますが、新聞によって記事の書き方が違います。ぜひ2学期は新聞の読み比べをしてみてください。
読み比べは、21世紀に必要なスキル。素養、能力としてクリティカルシンキング、日本語で批判的思考を鍛えます。多くの意見を知り、主体的に考えることで身に付きます。


2020東京オリンピックは開催について賛否が分かれましたが、多くのアスリートが私たちを感動させてくれました。
なかでも、私が感動したのは10代の活躍です。体操の橋本大樹選手、スケートボードの西矢椛(にしや もみじ)選手をはじめ多くの選手が輝きを放ちました。オリンピアンに限らず、君たちも私たち教員に感動を与えてくれています。私たち教員は君たちからエネルギーをもらっている。ということです。一生懸命努力する姿は、輝きを放ち、周りにいる人に感動やエネルギーを与えます。このことは是非みんなにも知ってほしいです。もう一度言います。教員は君たちからエネルギーをもらっています。


 もうひとつオリンピックからの話
オリンピック選手に対する誹謗中傷が話題となりました。簡単に多くの人に自分の考え・意見を発信できる時代です。匿名や偽名で言いたい放題です。本当に嫌な時代になりました。皆さんはSNSで発信する場合は十分考えてください。友達同士のグループLineでもおなじことです。皆さんの発言が友達や知らない誰かを傷付けているかもしれません。
コロナの感染で、感染したものを非難する書き込みはもってのほかです。テラスハウスがきっかけで木村花さんに対するSNSで書き込みをした人は逮捕されています。心無いSNSの書き込みをしている人には逮捕され、やった行為に対する責任を取らされます。これは加害者になる例ですが、SNSは皆さんが被害者になる危険も持っています。 

これが最後です。これは私たち教員の問題ですが、埼玉県の教員の不祥事が絶えません。新聞で読んだ生徒諸君もいるかと思いますが、先日、校長のパワハラ、教員の生徒にわいせつ行為、教員の生徒に対する体罰、交通事故計5件の懲戒処分がありました。これらは杉戸高校先生ではありませんが、杉戸高校から不祥事を出さないために、私から皆さんへのお願いです。
先生にも注意していますが、LINEを先生とのやりとりはしないでください。Googleclassroomを使ってください。GoogleClassroomを使っても私的な内容がやめてください。体罰に関するアンケートも実施していますが、あれっと?思ったことは、先生に相談してください。教頭や私校長でも構いません。
長くなりましたがわたくしからは以上です。

0

ダンス部全国大会出場!!

 7月31日本校ダンス部が全国高等学校ダンスドリル選手権へ出場しました。6000人収容できる丸善インテックアリーナ大阪が会場でしたが、残念ながら無観客開催となってしましました。関東の代表として素晴らしいパフォーマンスを披露しました。全国大会の舞台からみた景色は、観客はいませんでしたか、ダンス部を一段と成長させてくれたことと思います。

 

 

 

 

0

七夕

 今日7月7日は七夕です。織姫(おりひめ;ベガ)と彦星(ひこぼし;アルタイル)が天の川を渡って、1年に1度だけ出会える夜のことです。天気は雨模様、天空でのデートは見られません。ですが、7月7日といっても現在使われている暦ではなく、実際は、旧暦の7月7日が、天空における七夕です。これは、月齢およそ6の月が南西の空に輝く夏の夜になります。今年は8月14日だそうです。

 校長室の前にササを置いてあります。短冊には生徒の様々な願い事がたくさん書かれています。

 ところで、願い事をかなえてくれるのは誰でしょうか?
 七夕のお願い先は織姫様です。織姫様にあやかり、はた織りや裁縫の上達を願うもののようです。そして、七夕の願いをかなえるは己です。お願い事と言うと「**できるようになりますように」などと書くことがあります。でも、そのために努力するのは己です。つまり、織姫様にお願いをするけれども、それを実現するのは自分自身が努力するということと、私は思います。自分の努力だけでは、かなえられないようなお願いを短冊に書いている生徒もいました。この場合は、神頼みになりますかね。

0

1学期期末考査

7月5日(月)~8日(木)、1学期期末考査を行っています。コロナ禍、どうにか期末考査まで来たという印象です。今日はだいぶ蒸してきました。気候の変動も大きいですが、生徒には考査で自分の実力を十分に出してほしいものです。試験終了後、学校に残って勉強している生徒もいます。

また、今日からオリンピックの聖火リレーが埼玉県で始まりました。明日7日は、聖火リレーが杉戸町でも行われ、本校の前の道路を走ります。その時間には道路が通行止めになります。天気予報はあまりよくないようです。世界的なイベントがもうすぐ始まります。

0

吹奏楽部第38回定期演奏会

6月26日(土)杉戸高等学校吹奏楽部第38回定期演奏会へ行ってきました。

昨年度はは新型コロナ感染拡大のため中止になってしまいましたが、春日部市民文化会館大ホールを会場に感染予防を徹底しての今年度は開催することができました。部員の心のこもった演奏は、心を穏やかにしてくれました。後輩からの3年生の先輩へのお礼の企画、昨年演奏できなかった卒業生との合同演奏は、うるうるしてしまいました。

高校3年間は今しかありません。今この時を大切にして、杉戸高校の3年間を一生の思い出にしてほしいと思いました。

0