日誌

理科部

【理科部】今年度最後の採水に行ってきました

昨日、今年度最後の採水に行ってきました。

今年度から開始した大落古利根川の水質調査ですが、部員はもちろん顧問も初めての経験であり試行錯誤の連続でしたが、部員たちは日々とても頑張って調査研究に当たってくれました。顧問としても生徒たちはとても頼もしい存在でした。また、地域の皆様、埼玉県環境科学国際センターの皆様からも温かいご支援もいただきました。

おかげさまで無事に今年度の採水、水質調査を終了することができました。

本当にありがとうございました。

来年度以降も継続して水質調査を行っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

【理科部】川の再生交流会に参加してきました

今年度から理科部では大落古利根川の水質調査を実施しています。

この調査の1年間の結果を川の再生交流会で発表させていただきました。
当日は日頃からお世話になっている埼玉県環境科学国際センターの木持さんを始め、多くの専門家の方々からご質問やアドバイスをいただくことができました。
また、元埼玉県農林部副部長、現NPO法人すぎとエコグリーンの坂本正博様、杉戸町議会議員の原田すずこ様にもポスター発表を御覧いただき、お褒めの言葉をいただきました。
今回、県内外の川についていろいろな活動や研究をされている方々と交流をすることができ、とても貴重な経験となりました。
来年度以降も大落古利根川の水質調査を継続し、調査結果を地域に還元できればと考えております。

【理科部】理科教育研究発表に参加してきました

2月3日に埼玉大学で行われた理科教育研究発表会に参加してきました。

普段では触れることのできない他校の科学系部活やSSH、理数科の研究発表を聞くことができました。また、工学部応用化学科の研究室見学にも参加してきました。

杉戸高校生たちにとっては今後の研究だけでなく、進路選択の面でもとても貴重な経験になったと思います。

【理科部】埼玉県科学教育振興展覧会分野別審査優良賞

理科部は今年度より大落古利根川の水質調査を行っております。

生徒たちは約半年間の結果を論文にまとめ、秋に行われた埼玉県科学教育振興展覧会に出品しました。

その結果、分野別審査において優良賞をいただくことができました。

部員達には今後も水質調査を継続していくことで、環境について深く考える契機とし、また、研究を通じて研究の基本を学ぶとともに研究の楽しさを感じていってもらえればと思います。

【理科部】採水に行ってきました!

こんにちは。

本年度より理科部は大落古利根川の水質調査を行っております。

これに伴い、一昨日、初の採水に行ってまいりました。

顧問を含め、採水は初めての経験であり、試行錯誤しながらの作業となりましたが貴重な経験となりました。

今後も定期的に採水を実施し、気象変化等の要因を含めて大落古利根川の水質について理解を深め、よりきれいな川にするにはどのようにすればよいのか等を考えていきたいと思います。