日誌

華道部

【華道部】立春

1月最後の活動。花材は雪柳、菜の花、チューリップ。春を感じさせて

くれます。雪柳を主材として、傾斜型で活けました。主要な三役(主枝、

副枝、客枝)の長さと挿し口を丁寧に確認しながら、順に活けていきます。

決められた長さの範囲内に中間枝を差し入れます。チューリップの葉が

柔らかく、剣山に挿すことに苦労しました。

  

学校内の花壇には寒さに耐えて咲き続けるビオラ、その脇にはチューリップが

芽を出し始めています。業務さんが丁寧に手入れをしてくれているおかげで、

季節の移ろいが楽しみです。

学校生活は一年間のまとめ、学年末考査まで3週間。寒さをしのぎつつ、

今やるべきことに誠実に向き合い、心弾む春を待ちたいと思います。