カテゴリ:校長室より

大学受験期のスタート

 いよいよセンター試験が行われました。
 本校3年生の8割、240人余がセンター試験に出願し、県立大学の会場で受験期をスタートさせました。
 この前日、校長から3年生に次の3つの話をしました。
1 今君たちが持っている力を発揮することだけを考えればよい。
2 若者の自信に根拠は必要ない。11月に最後の模試を受けてからも、君たちは成長し続けている。
3 受験期はここからスタートする。センター試験後の1ヶ月、2ヶ月をしっかり見据えて計画的に過ごすこと。
 その後、担任団から生徒達に熱いエールが送られました。
 今週は自己採点をし、出願校の最後の検討をします。杉高プライドをもって臨んで欲しい。

体育祭を実施しました


今年の体育祭は、一昨日の雨によるグランドコンディション不良により、前日の綱引き予選が行われなかったため、過密スケジュールになりました。しかし、上級生が下級生を引っ張り、てきぱきと進行に協力し、立派な体育祭になりました。団対抗、クラス対抗の表彰では、元気な気勢があがり、本校の校訓「躍動」を体現しました。10年後の日本が君たちに寄せる期待に応えるよう、エネルギッシュな体育祭にしよう、という校長の言葉に応えてくれました。