日誌

バドミントン部(女子)

【女子バドミントン部】新チーム始動

女子バドミントン部顧問の城島と申します。
今年度もよろしくお願いいたします。

新年度になり4名の新入部員を加え、全16名での活動して参りましたが、
5月上旬のインターハイ予選を終えて、3年生は引退となりました。

新チーム始動初日、新部長を中心にミーティングを行い、
改めて、部の目標・方針を話し合いました。






この目標を達成するためには、パワーや体力面で上回ることのできなかった
先輩たちを越さなければなりません。
「厳しい、きつい練習は、すべて自分たちのレベルアップのためにある」
話し合い最中に聞こえてきた言葉を支えに、個の努力と部の努力を決意した
ことでしょう。

今の部に足りない『強い気持ち』を育てていきたいと思います。
保護者の皆さまはじめ、今後とも応援よろしくお願いします。

【女子バドミントン部】春から杉高生となる皆さんへ


女子バドミントン部顧問の 城島(じょうじま)と申します。

このたび杉戸高校に合格した皆さま、おめでとうございます!

現在、安堵と期待に胸がいっぱいなことでしょう。
部活動も気持ちを高ぶらせる要素のひとつかと思います。


そこで今回は、

・近い大会の実績
・春休みの活動予定について

を掲載致しますので、女子バドミントン部を検討している方は
ぜひ最後までご覧ください。




【大会実績】
 ●ファミスポ杯(団体戦) 第3位
   館林にあるラケットショップ主催の大会です。
   課題の多く残る試合内容でしたが、日頃は対戦しない
   北関東の高校との対戦で奮闘しました。
 
 ●県東部支部大会(団体戦) 第11位
   春の関東大会予選に向けたシード権決めでは
   3日に渡るリーグ戦(計9校との対戦)の結果11位に。
   冬休みで鍛えてきたプレーを発揮できた場面と
   相手に押され、自分の強さを見せつけられなかった場面の
   両面を踏まえて、現在の自分たちのランクを実感しました。

 ●会長杯争奪ダブルス大会 C5ブロック ベスト8
   新人戦の実績別に出場ブロックが異なるダブルス大会です。
   女子はBに2ペア,Cに3ペア,Dに1ペア出場しました。
   得点の競った展開、ファイナルゲームにおよぶ試合ばかりでした。 
   中でも戦績を残したのがC5ブロックに出場した、中山・松本ペア
   攻める姿勢の中に緩急をつけ、ベスト8進出!
   
 


【春休みの活動】
 3月26~28日 校内合宿
  昨年同様、今春も2泊3日の校内合宿を行います。
 
 3月30日~4月6日 校内練習および練習試合
  4月14日に控える関東大会予選(団体戦)に向けて、追い込みます。


★合宿前25日からの期間を
 活動体験期間とします!

 25日 (月) 13:00~ 申し訳ありませんが都合により中止となりました。
 26日 (火) 9:00~,15:00~
 27日 (水) 9:00~,15:00~
 28日 (木) 9:00~

 都合のつく日時のみの参加、全日程参加、個別に対応致します。
 電話にて、参加の旨をご連絡ください。
 また、上記以外の日程をご希望の場合はお問合せください。
 
奮ってのご参加、部一同お待ちしております!

     連絡先:杉戸高校 0480(34)6074
          女子バドミントン部顧問  城島(じょうじま)

【女子バドミントン部】合同練習


10月27日
本校にて、鷲宮高校と合同練習を行いました。
(鷲高バド部のみなさん、ありがとうございました!)

互いに2年生が修学旅行で不在のため、1年生のみの活動となりました。


ひとつひとつの技術を身に染みこませるために、
ノック中心のメニューを取り組みました。





また試合の流れを想定したノックにも多く取り組みました。
ただメニューをこなすだけでなく、
試合のどの場面で活きる練習なのかを自ら考えることが大切です。

杉戸の1年生には意識の面で成長の余地があると感じた半日でした。

【女子バドミントン部】年齢別シングルス大会



第32回埼玉県ジュニアバドミントン年齢別
シングルス大会に出場しました。

本大会は15歳以下、16歳以下の2種目に分かれているため、
力のある2年に公式戦では負けてしまう1年生にも勝ち上がる
機会が与えられています。



決勝トーナメント進出者

★16歳以下  河村 凪紗

★15歳以下  二宮 綾美、福本淑乃、
        三浦 実月、那須 彩夢

悔しくも決勝トーナメントで勝利を獲得したのは二宮(1年)のみ。
しかしながら、河村(2年)は予選リーグにて県大会出場者を倒して
勝ち上がっています。部員全体としても、相手の状況に合わせた
戦い方ができるようになってきたように感じます。

また、1年初心者にとっては大会デビュー戦となりました。

接戦を粘ったり、初心者同士の闘いを征したりと大変健闘しました!!
ですが、『気持ちの良い勝利』へはまだ遠いように感じました。
フットワークや基本的なフォームを誠実に身につけ、実践と修正を
繰り返していくことが大きな成長へつながります。
この冬の更なる伸びに期待

【女子バドミントン部】新人戦団体戦


女子バドミントン部顧問の城島です。

9月10,11日に行われた、
新人戦東部地区大会 団体戦 の結果をご報告します。


★予選リーグ
 vs 草加南  ○ 3-0(勝:D1,D2,S1)

 vs 三郷   ○ 3-0(勝:D1,D2,S1)

 vs 久喜北陽 × 0-3

★2位トーナメント
 初戦 vs久喜   ○3-2(勝:D2,S1,S3)

 準決 vs花咲徳栄 ○3-2(勝:D2,S1,S3)

 決勝 vs越ヶ谷  ×1-3(勝:S1)


結果 
東部地区10位

応援にきてくださったみなさま、ありがとうございました!



今回の大会で団体戦メンバーは、精神的な面で成長したように感じます。
点差を広げられないこと、インターバル毎に気持ちを切り替えること、
何より、長い試合を励まし合い闘ったこと。
メンバーだけでなく、部全体の活力にしていきたいものです。

予選リーグにおいて、シード校に敗れてしまったため
目標としていた「東部地区ベスト8」には届きませんでした。
しかしながら、最終目標「インハイ予選県大会出場」を
改めて強く心に持つこととなったはずです!!

杉戸高校女子バドミントン部に足りないものを今秋に強化し、
団体・個人ともにステップアップをしていきます。
今後とも応援よろしくお願いします。
バドミントン部(女子)
■活動実績

平成29年度


 

・IH予選…団体6位  県大会出場
    
個人ダブルス(長谷川・藤井)ベスト16
                    県大会出場

・新人戦…個人ダブルス(岡崎・中西)ベスト32
           (名倉・河村) 〃
           (奥貫・中村) 〃
    …個人シングルス(中村)   〃 
    
平成28年度


 
・IH予選…個人ダブルス(長谷川・藤井)ベスト32
    …個人シングルス(平川)    〃
・新人戦…団体9位
    個人ダブルス(長谷川・藤井)ベスト8
                    県大会出場
           (山・田中)  ベスト16
                    県大会出場
    個人シングルス(長谷川)   〃
                    県大会出場
平成27年度


 
インターハイ予選 東部地区大会
団体戦 ベスト8 10年連続県大会出場
個人戦 ダブルス 山藤・平川 ベスト8 県大会出場
新人戦東部地区大会
シングルス 平川 ベスト16 県大会出場