日誌

バスケットボール部(女子)

【女子バスケ部】活動日誌

「行く夏に名残る暑さは夕闇を」少しずつ秋の気配が漂うようになってきました。ようやく9月らしく。

 

2学期も少しずつ本格化していっています。われらがチーム、カエル軍団もコツコツ練習を重ねて、次のステップを狙っておりますよ。とはいえこのコロナ禍の中、感染リスクを考えると練習ゲームを頻繁に…とはいかないですから、今できることを無理なく進めている段階です。チーム練習を積みながら、バスケットボールという競技の理解を深めていっています。

 

今取り組んでいるのは、古くても新しいこと。時代とは逆行しているかもしれませんが、チームとしての「哲学」になるような、細やかだけれども大事なことです。チームの練習ノートにも、「同じことを」「何度も」言われないようにしたい!という選手の声がありました。私もしつこいのでしょうが、とても大事なことなので思わず繰り返しになっているようです。

今の取り組みを身に付けて、ぜひ次のステップを。見ている人に、「おぉ」と思ってもらえるようなバスケットをできるように。難しいことだからこそ、皆で協力して、各自で工夫して、難しいことでも身に付けていけるチームを目指しましょう!

 

<追記>

第1回学校説明会 9月26日(土)は12:00からの練習開始です。「高校バスケ、やってみよう」とお考えの中学生諸君。説明会は午前中ですが、終了してすぐの開始なので、少し残って是非お立ち寄りください。よろしくお願いします。

【女子バスケ部】活動日誌

日誌とはいうものの。前回から時間が流れて、もう2学期となっています。

夏休み中は選手たちも大きな怪我無く、コツコツ練習に取り組めました。慌てず、焦らず。こういう時期ですからそれを念頭に置いて、無理なく進められたように感じます。よかったよかった。

3年生も含めて、選手全員で臨めた夏季大会では一つ勝って、一つ負けての結果になりました。3年生がファールアウトになった後に全員で諦めず走って勝ち取った勝利と、シード校との現時点での力の差を感じた敗戦のそれぞれ。試合は2試合でしたが、それ以上に多くの経験を得られたように感じています。1・2年生の新チーム。キャプテンを中心に少しずつかもしれませんが、以前とはすこし違う雰囲気も感じられるように。その「欲」が、もう少し…の気持ちが、確かなプレーになっていけますよう、練習がんばっていきましょう!

引退となった3年生、本当にお疲れ様でした。その頑張る姿が後輩たちの気持ちを引き出したのですよ。あの勝利の瞬間に感じたものを忘れずに。次のステップも自信を持って、正しく強く踏み出せますことを。

 

<追記>

夏休み中の学校公開に来てくださった中学生の方々。ありがとうございました。併せて、杉戸高校でバスケットを…と考える中学生の皆様、2学期以降の説明会にぜひ参加してみてください。部活動見学の時間・タイミングもございます。ぜひぜひ。よろしくお願いいたします。

【女子バスケットボール部】練習日誌

久々の更新になります。2月の終わりからの臨時休校期間が明けて、気が付けば夏休みになっていました。杉戸高校も日常の景色を取り戻しつつも、まだまだ警戒を解く訳にもいかず。感染対策の中での新しい日常がはじまった、といったところです。

われらカエル軍団も練習を再開しております。1年生も入部して、すこしボリュームアップして。体をバスケットボールに慣らし、動き方を確認し、怪我無く次のステップに向かう日々が続いております。慌てず、焦らず。これが今のところの大前提ですね。1年生にもチームルールを一つずつ理解してもらっている段階ですから、これまた焦らず。コントロールするものや、そのコントロールの仕方。どこで?いつ?どのように?本当に一つずつ、話して聞かせて、コートに立っての繰り返しです。

普段より短い夏休みですが、いつもと変わらない位の実りあるものになるように。感染症対策には念を入れつつ、暑さに負けず頑張りましょう。

 

<追記>

8月7日・11日の学校公開に申し込んでいただいた方へ

女子バスケ部、両日とも13:00からのスタートです。午後の部に参加してください。体験希望の方は、シューズと動ける服装。十分に水分補給できるものとタオル、お忘れなく。学校公開自体は学校で保険にも加入しています。万が一の怪我にも対応します。どうぞ安心して来てください。

【女子バスケ部】活動日誌

二学期、スタート! 実りの秋へ

夏休みも(もう)終わり、杉戸高校も怒涛の2学期の中に突入しております。ながーいようで慌ただしさの中でいつの間にか終わってしまうのが2学期です。目的意識をしっかりと持って、過ごしていってもらいたい(ものですね)。

さて我らカエル軍団も休み明け、怪我を抱えていた者も戻ってきての練習が始まっております。ひとまず皆で練習できるようになってよかったよかった。一人ひとりが大切な、このチームの要素です。互いに支え合い、競い合う中で成長していくものですからね。チームスポーツとして、その輪の中にいてこそ!

そしてこの2学期、なかなかに杉戸高校、慌ただしくあるのです。なんと!学校施設改修が入り、体育館が使用できず!あちこちにお願いをしての練習が続いていきます。近隣の高校やら大学やらにお出かけせねばなりません。学校の都合で選手たちには苦労を掛けますが、それをバネにして大きく成長してもらいたいと、コーチとしては都合よいかもしれませんが、そう考えています。いろいろな所にいって、いろいろなバスケットボールを知って、普段にない多くの経験を自分たちの糧にしてもらいたい。選手たちにもそんな話をしてあります。

ということなので、秋ですが、秋だからこそ。実りの秋になるべく、冬眠の準備をしているわけにはいきません。涼しくとも、元気なカエルでありましょう。お世話になります皆様。何卒、ごひいきのほど。ヨロシクお願いします。

女子バスケ部 コーチより

【女子バスケ部】 活動日誌

カエルの夏休み その3

久々の更新となりました、それはそう、やはりそれは夏のせい!という訳でなく。お盆休みが入ったり、あちこち出稽古という名の練習試合に出かけていたりしたもので。

さて久々ついでに、大会の結果報告です。→ 詳細はこちらから

健闘及ばず我らカエル軍団、初戦敗退ということになりました。「ケガなく!」といった目標を立てたものの、残念ながら2人を故障で欠いてしまうなど、いいわけになりそうなものはいくつかありましたが、対戦チームとの現時点での力の差は大きいものでした。決めるべきポイントを落とす我らと、攻めて攻めて決めきるチームが戦わば、結果いかなるものぞ。

それでもね、1年生選手たちも頑張り、最後まで諦めない姿勢を見せてくれていました。夏休み初めはまだまだ中学生っぽさも残っていた彼女らが、力強さを見せたり、自分の課題に前向きの取り組んでいたり、この夏を頑張ってきた足跡を感じさせてくれるものでした。

2年生キャプテンも対戦チームに負けない力を発揮してくれました。ミスする場面もありましたが、スピードと柔らかさでスコアラーとしてチームを牽引。今までの頑張りが無駄でなかったことを実感できていると思います。

この間まで二人で練習していたチームが、こうして悔しさと力を尽くした快さを感じていられる喜び。でもやはり負けるととても悔しいからさ、自分たちの課題を捉えてしっかりと練習だね、も付け加えての試合後の反省となりました。

さぁこのあとも引き続き、研究と練習の日々。たゆまぬ工夫をこそ我らの武器に!

追記

明けて今日の練習も早々とフロアでシュート打つ彼女たち。怪我していた選手の一人も今日から少しずつシュートを打っていましたよ。
バスケットボール部(女子)
■活動実績